1. TOP
  2. 旅行記
  3. バリ島
  4. バリ島へのマイル数(ANA)飛行機特典航空券と観光旅行の楽しみ方は?

バリ島へのマイル数(ANA)飛行機特典航空券と観光旅行の楽しみ方は?

バリ島、南国のこの素敵な響き。

一度行ったことのある方ならあの暖かなそよ風とバリの空気が蘇ってくるのではないでしょうか?

私は日本が真冬の時にバリ島に行ったので、本当に天国に行っているいるようでした。

母親も招待して一緒に行きました。

とてもいい思い出ですし、喜んだ顔が見れてよかったです。

 

真冬でモコモコに着ぐるみのようにコートを着ている日本から真夏のバリ島へ!!

食べ物も美味しいし、マッサージは安くて上手だし、プール付きの素敵なホテルにとても安く泊まれるし、最高です!!

ヴィラっていうんですよね、ホテルのことを。

写真は母とホテルの朝食を食べているところです。通年通して暑いせいか窓がありませんでした。

毎朝プールで泳ぎながら、泳ぎ疲れたあとはプールサイドでゆっくりとカクテルを飲む時間は日本では味わえないゆったりとした時間が流れていました。

旅行に行きたい国としてもトップクラスですね!!

海外からも人気があるのかバリ島では、本当にいろいろな言語が飛び交っていました。

そんな素敵なバリ島ですが、こちらももちろん0円で行くことができます!(あっ、でもサーチャージや空港税などはかかります)

この記事では、バリ島へ行くためにどれくらいのマイルが必要なのか、そしてそのマイル数を貯める方法などを紹介していきます。

マイルを使ってバリ島へ マッサージも安い!!

バリ島でマッサージをしてもらっていたときに思ったんです。

バリ島ではマッサージを丁寧に丁寧にやってもらって2時間で1,000円ほどでした。

アロマの香りのするとても素敵な空間でやってもらいました。

本当にみなさんいい方たちばかりで、マッサージをしながらたくさんおしゃべりも楽しみました。

15分もやってもらうとほぼ寝てしまいますが、、、

 

日本では、マッサージを2時間も受けたらそれこそ1万円を超えてしまうところもたくさんあります。

10回も通ったら10万円です。

その10万円でバリ島まで行ってしまったらいかがでしょうか?

10万円と言わずとも、これから書きますようにマイルを貯めれば本当に安くバリ島へ行くことができ、滞在もできます。

 

写真は有名なケチャダンスです。夕日が沈むインド洋をバックに迫力満点でした。

バリ島への特典航空券のマイル数と ANA 正規料金

まずは、直近でのANAの正規料金と特典航空券のマイル数を調べてみました。

正規料金だと大人一人で206,000円するのですね。(日程によっては12万円ぐらいのものもありました)

ガルーダ・インドネシア航空に乗りましたが、とてもよかったですよ。

私は、いつも日本の航空会社のANAにしか乗ったことがなかったのですが海外の航空会社もとても楽しいです。

日本語が通じなかったりするのですが、そこがまた面白いです!!

つたない英語でCAさんに現地の様子などいろいろと聞いてみるのがまた旅行気分を盛り上げてくれます。

CAさんも日本人は天使の笑顔を向けてくれますが、あちらのCAさんはとてもフレンドリーな感じで接してくれます。

バリ島へはANA・JALでの直行便のフライトはありません。

「ガルーダー・インドネシア航空」

「エアアジアX」

のどちらかを利用するか乗継便での利用となります。

 

さて、それでは今度は特典航空券をみてみます。

こちらは35,000マイル必要です。

この時期はレギュラーシーズンです。

ローシーズンなら30,000マイルで行けてしまいます。

あとで30,000マイルが一気に貯まる方法もご紹介しますが、206,000円をほぼ無料にして旅行できるのはやはりマイレージの良さだなあと思います。

往復206,000円ですとなかなか手が届かないバリ島への旅行ですが、マイルはその壁をサッと取り除いてくれます。

 

この場合ですと、206,000円が35,000マイルで行くことができますので、1マイルの価値が5.8円になります。

バリ島までの特典航空券は何マイル必要なのか?

ANAマイル で バリ へ マイル数確認

先ほどは、実際の航空チケットの見積もりで出してみましたが、ANAマイレージにはこんなページがあります。

ここでは日本から各国へ行くときのシーズン別でのマイル数の違い、出発地・目的地のゾーンの確認などができます。

「往復12,000マイルからご利用になれます。」と書いてあるように、日本、韓国の旅行ならたった12,000マイルから利用可能なのです。

ANA国際線特典航空券の概要

リンク先で見てもらってもわかるのですが、ANAでマイルを使って特典航空券を取得する場合には、下記のようにZONEがわかれています。

バリ島は、インドネシアの首都のジャカルタと同じなので「Zone 4のアジア2」に該当します。

「Zone 4のアジア2」の必要マイル数はこのようになります。

これを見ると、エコノミークラス(Y)ですと、

ローシーズンで30,000マイル

レギュラーシーズンで35,000マイル

ハイシーズンで38,000マイルが必要になります。

バリ島へのファーストクラスは?

ANAのカスタマーに「ファーストクラスはありますか?」と聞いてみたのですが、

ファーストクラスは希望の期間では運行していないとおっしゃっていたので、その都度確認してみないととれないかも知れません。

ANAマイレージカスタマーにお問い合わせをするとすぐに調べてくれます。

バリ島に行けるマイルの効率のよい貯め方は?

バリ島まで、ハイシーズンでも38,000マイルで行けることがわかりました。

この38,000マイルですが、クレジット決済のみで貯めようと思うと100円で1マイル付与される計算ですとなんと380万円分の支払いをクレジットカードで決済しないといけなくなります。

効率がいいのは、

ポイントサイトを使って貯める方法です。

ポイントサイトでは、ポイントを現金に交換する仕組みを用意しているため、

利用者としてはポイントを貯める=お小遣いを稼ぐ、という目的で利用することができるわけです。

マイルを貯めたい場合には、「ポイントを貯める=マイルを貯める」という目的で使用できます。

ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換することができます。

例えば陸マイラーにはよく使われるモッピーで貯めたポイントは81%の還元率でマイルに交換することができます。

モッピーがおすすめの理由は、貯まったポイントをJAL、ANAのどちらのマイルにも良い還元率で交換することができるからです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーに無料で登録する

ポイントサイトの詳しいことは、こちらの記事で紹介していますので、

クリックしてご覧になってみてください。

モッピーとは?ポイントとマイルのお得な貯め方・使い方・交換まで徹底的に解説!

 ポイントサイトを使ったマイルの貯め方は?

まずポイントサイトモッピーに登録します。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーに無料で登録する

 

モッピーでのポイントの貯め方は?

モッピーでのポイントの貯め方は、数多くあります。

まずは、上記から登録してみてくださいね。

クレジットカード(クレカ)で貯める

年会費無料の、高額なポイントがもらえるクレジットカードを1枚発行してしまうのが、最も簡単な方法です。

今までお店などでクレジットカードを作成していた方は、このようのポイントサイトを経由して、

作成するだけで高額なポイントがもらえてしまいます。

このようにキャンペーンもやっていますので、キャンペーン中のカード発行もお得です。

楽天カードを発行すると10,000ポイントもらえるよという意味です。

10,000ポイントは1万円に現金化できるので、大きいですね。

 

 

5,000ポイント以上もらえるカードはたくさんありますので、登録後一度チェックしてみてくださいね。

それぞれの付与ポイントは時期によって違いますので、ご確認ください。

このようにクレジットカードの発行でポイントをもらえたり、そのもらったポイントを現金に変えたり、

マイルに移行することができます。

ショッピングのときにモッピーを経由して貯める

日常の生活の中でどんな方でも行っているのが、ショッピング(買い物)です。

お買い物でも少しでも節約したい方は、こんな取り組みができます。

インターネット上でお買い物をするときに、

このモッピー経由で買い物をするのです。

 

 

例えば、有名な楽天市場ですが、モッピーに登録し、お買い物で貯める、ショップへGOという箇所がありますので、ここをクリックしてから楽天市場のページに行くだけです。

普通のネットショッピングでの買い物:直接「楽天市場」とショップをクリック

ポイントサイトを使った買い物:まずはポイントサイトへ移動→ショップの名前をクリックする→ ショップで買う。

普段買い物をされている工程に、もう1工程(モッピーを経由して買い物をする)

を加えるだけで1%~10%もお得に節約できるんです。時には100%、購入した分のポイントが貰える場合もあります。

この方法で最大63%も割引ができたこともあります。

ポイントはANAマイルにもJALマイルにもできるのがモッピーの強み

 

数あるポイントサイトの中でも「ANAマイル」「JALマイル」にポイントを交換することができるのは、

「モッピー」だけです。

特にJALマイルは通常ポイントサイトからは、移行するときの割合がよくないのですが、

「モッピー」ではこんなキャンペーンもやっています。

その名も「ドリームキャンペーン」

実質80パーセントの割合で「JALマイル」に移行することができます。

 

わたしは、「ANAマイル」をよく貯めているのですが、2017年11月から1年間で貯めたマイルは60万マイル超え。

この中のマイルにもモッピーから移行したマイルが随分とあります。(他のマイルを貯める方法はメルマガでも紹介しています)

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーに無料で登録する

まとめ

それでは、ここまでをまとめてみます。

・バリ島への正規料金は往復で12万円から26万円かかる

・バリ島までは、レギュラーシーズンで35,000マイルで行ける

・ポイントサイトを使うとマイルが超効率的に貯まる!

・ポイントサイトはモッピーがANAマイル、JALマイルに交換することができるのでおすすめ!!

旅行が人生にもたらしてくれること

プロフィールにも書いてありますが、(あったっけ??)私が初めて海外旅行に行ったのは結婚してからでした。

初の海外旅行はアメリカでした。

飛行機に8時間以上も乗るって初めてだったのでとてもドキドキとしていたのを覚えています。

そして海外に特に頻繁に行くようになったのは、子どもが3人生まれ、ある程度みんなが大きくなって(小学生)からでした。

 

こんなに海外に行けるようになったのも、全てマイレージのおかげなんですけどね。

だからマイレージと出逢えたことには本当に感謝しています。

 

海外に行くようになって、(それも一箇所ではなく何箇所か)

国によって気候も文化も人の雰囲気も違うっていうことを肌で感じることができるようになりました。

特に土地のエネルギー、その国のエネルギーというものがあるのか、それは普段日本で暮らしているだけでは味わえない開放感であったり、新たな自分との出逢いであったり、人との出逢いだったりします。

日本にいると日本人の価値観というもので良くも悪くも生活しています。

海外に行くとそんな日本での価値観がカポッと外れることがあります。

例えば日本では小さなお子さんをおじいちゃん、おばあちゃんに預けて夫婦で旅行なんてまずする方はとても少ない方だと思いますが、海外では結構そんな方たちにも出逢います。

 

家事、育児も家でするの当たり前っていう感覚もあります。

それはそれで私はとても好きなんですけどね。

家事はメイドさんに任せてしまうっていうひとに実際に出逢うとちょっとショッキングだったりもします。

 

「あーー、人生っていろいろと選べるんだな」って。

 

そんな価値観の変容(変わらないまでも違う世界があることを知る)があったり、国のエネルギーを感じたり、そして何より帰国後もその国がとても身近に感じたりと旅の効用は人生に深みを増してくれます。

 

なんて行っても楽しいですしね!!機会があればマイレージを貯めてぜひ海外旅行に行ってみてくださいね!!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

2006年から2017年8月まで11年かかって貯めたマイルが45万マイルでした。

そして2017年11月から2018年8月まで9ヶ月で貯めたマイルが同じく45万マイルです。

それまでの11年間かかって貯まったマイルをわずか9ヶ月で貯めることができました。

そして今現在は、このようになっています。

ANAマイル実績 568,682マイル

 

 

ソラチカカードにあるポイント 40,761マイル

SPGカード約4万マイル分

 

あっ!それと2018年8月は韓国へビジネスクラスの旅をしたので3万マイル使ってました。

ということで1年間で67万マイル貯まっていました。

”ハワイへ16往復できちゃいます”

”沖縄へ45回往復できちゃいます”

と自分でも驚くぐらいの数字です。

私が1年間でマイルを急速に貯めた「5つの方法」を完全に無料でお伝えしていますので、よかったらメルマガにも登録してみてくださいね。

5つの方法を使って」初心者でも最速で、マイルの貯まる方法やお得なポイントサイトの使い方を紹介しています。

ライター紹介 ライター一覧

テル

テル

2017年11月から本格的にマイルを貯めはじめました。この1年で貯まったマイルは67万マイルほど。独身時代には海外のひとつも行ったことがなかったのに、子ども3人を子育て中の私が毎年ハワイやバリ島、そしてアジアの国々を訪れることができたのは家族とマイルのおかげ。主婦でもできた飛行機に乗らずに「年間10万マイル貯める方法」を無料のメール講座でお伝えしています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

  • 家族旅行で沖縄・北海道・福岡へ!飛行機代・レンタカー代がタダの無料旅行を実現

  • バンコク パワースポット ピンクガネーシャ、ワットパクナム、トトロレストランでのランチ付きツアー体験談【VELTRA ベルトラ】

  • シンガポールへの必要マイル数は?ANA国際線特典航空券を利用して。

  • 台湾 市内観光 無料ツアーに参加してみました!桃園国際空港での待ち時間が驚くほど有効に!!

  • 景福宮(キョンボックン)【韓国】はチマチョゴリを着てると無料で参観できる!【レンタル可能】

  • タイ航空のビジネスクラス搭乗記レビュー【バンコク→台北】座席、機内食、ラウンジは?