1. TOP
  2. Amazon 書籍
  3. 【バリ島新刊】バリ島10日間は夢のよう~暮らすようにバリ島で過ごす~格安!快適!新時代の家族旅行

【バリ島新刊】バリ島10日間は夢のよう~暮らすようにバリ島で過ごす~格安!快適!新時代の家族旅行

ついに新刊を出版することができました。

タイトルは、ズバリ!!

「バリ島10日間は夢のよう~暮らすようにバリ島で過ごす~格安!快適!新時代の家族旅行」

です。

 

おかげさまでAmazon新着ランキング1位になりました!!

 

 

 

>>>こちらからAmazonのページへいけます<<<<

 

日ごろのブログ読者さま、メルマガ読者さまのおかげです。

ありがとうございます!!

 

バリ島へツアーで行く?それとも。。。。

 

出版の裏側を少しだけお話しますね。

バリ島に行く前にうちの高校生の長男くんが

ある新聞広告をみつけて見せてくれました。

 

「バリ島5泊6日で一人20万円!!」

 

うわっ、高っ!!

と思わず長男くんと顔を見合わせてしまいました。

 

だって、今回わたしたちがバリ島へ行った価格はこの3分の1ほどだったからです。

いえ、同じ日数で考えると6分の1ほどでしょうか?!

 

もともと陸マイラーですので、

バリ島へはマイルで行くので、航空券代がほとんどかからなかったことも

ありますが、やはり人に任せてツアーを組んでもらうというのは、

どうしてもそこに手数料が発生してしまいます。

 

ツアーは、自分で何も調べなくてもその場所にさえ集合してしまえば、

あとはおまかせでいろいろな観光場所を回れるというメリットも

ありますが、

 

私は、子どもたちと海外旅行に行くのにそれではとても

もったいないと思うんですね。

自分たちで企画すれば安くなるのはもちろんなのですが、

ひとつひとつがとても心に残る思い出深い旅行になってきます。

 

例えば、この本の中に出てくるレンボンガン島。

まだ人があまり住んでいなく、マングローブのジャングルが

あるような秘境の島なのですが、

 

このレンボンガン島という島の名前もうちの子どもたちは、

バリへ行く前に何回となく口にしたと思います。

そして帰ってきてからもこのレンボンガン島について、

また何回も家族の話題にのぼってきます。

家族にとって、思い出深い島になったんですね。

 

きっとバリ島ツアーに参加しただけだったら、

「ほらあの島、なんて行ったけ?あそこあそこ

レン。。。。バンガン?」とか

 

「綺麗だったよね~あの島」ぐらいの会話だったと

思います。

 

自分たちで企画するからこそ、

「あーー、ここが〇〇だ!」と、

実際に目にしたときの感動があります。

 

自分たちでカスタマイズする旅行だからこそ、

思い出に残る

 

そんな旅行ができるのだと思います。

自分たちでカスタマイズして、

 

旅行に行く前も、

旅行の最中も、

旅行に行った後も、

 

家族みんなで楽しめる、そんな新時代の家族旅行が

広まっていったらいいなって思い、この本を出版させていただきました。

 

おまけとして家族旅行が格安になる

 

そして、自分たちで企画して海外旅行をすると

もれなくいいことがあります。

それは、ツアーに参加するよりもうんと格安で旅行できることです。

 

今は、インターネットでいくらでもなんでも調べることができますし、

高校生や中学生のお子さまがいるようなご家庭は、

きっとお子さまのほうがいろいろと検索上手だと思います。

わが家でも「こんなのあるよ?」

「これどう?」と

子どもたちがいろいろと見つけてくれたものも多いです。

 

わたしたちは、今回10日間もバリ島に滞在することができました。

しかも暮らすようにゆったりと。

ホテル滞在だけで過ごす日もありました。

ただ単に観光地に出歩くだけでなく、

ホテルのスタッフさんと仲良くなったり、

ホテルの卓球台で、他の国の人と卓球をしたり、

子どもたちにとってはそんな交流があったのも楽しかった要因のひとつです。

レストランで受験勉強もしていました。(笑)

 

航空券やホテル、観光地、何をしてバリ島で過ごすのか?

そんなことをひとつひとつ考えながら、格安な旅行にしていくことが

できてきます。普段住んでいる日本と違う国って、

ただ、テクテク歩くだけ、スーパーでちょっとお買い物するだけでも、

インパクトがあるんですよね。

 

この本をひとつのモデルとして、

自分たちの家族なりのオリジナルの家族旅行を

実現してもらえれば嬉しいです!!

 

この動画は長男くんが作成してくれたバリ島での動画なのですが、

楽しい雰囲気が伝わりますでしょうか?

 

 

地球の歩き方、るるぶ、arucoさんの書籍とともに

 

今回の新刊、嬉しいことに「地球の歩き方」「るるぶ」「aruco」など、

観光ガイドでは超がつくほど有名なガイドブックと一緒に並ばせてもらっています。(嬉っ)

 

 

別のページでは、

 

 

「神様はバリ島にいる」が一緒に(笑)

バリ島に行く前に、この本と一緒にどうぞご覧くださいね。

 

それでは本日は、新刊の案内でした。

よかったら手にとってみてください。

 

>>>こちらからAmazonのページへいけます<<<<

 

Kindleの書籍はスマホを持っていれば、

とても簡単に読むことができます。

スマートフォンでKindleのアプリをダウンロードすれば、

あとは、購入するとスマホにダウンロードできます。

 

 

 

こちらの本も合わせて人気ですので、

ぜひ!!

 

【書籍紹介】【ブログ読者特典付き】なぜ田舎に住むフツーの主婦が、100万円もするファーストクラスに無料で乗れたのか?【前編】

 

 

ライター紹介 ライター一覧

テル

テル

2017年11月から本格的にマイルを貯めはじめました。この1年で貯まったマイルは67万マイルほど。独身時代には海外のひとつも行ったことがなかったのに、子ども3人を子育て中の私が毎年ハワイやバリ島、そしてアジアの国々を訪れることができたのは家族とマイルのおかげ。主婦でもできた飛行機に乗らずに「年間10万マイル貯める方法」を無料のメール講座でお伝えしています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

  • 【書籍紹介】【ブログ読者特典付き】なぜ田舎に住むフツーの主婦が、(小学生の息子と一緒に)10万円もするUSJ ツアーに無料で行けたのか?

  • バリ島旅行でオススメのSIMは?Wifiレンタルとどちらがいいの?【体験談レポートします】

  • SPGアメックスはホテルのレストランで15%オフ!!海外旅行でやっぱりお得だと感じてしまった

  • バリ島へのマイル数(ANA)飛行機特典航空券と観光旅行の楽しみ方は?

  • バリ島での移動はどうするの?タクシー?Grab?カーチャーター?子連れのバリ体験談をお話します!

  • 【マリオット プラチナチャレンジ】最新!2019年から2020年で達成!プラチナチャレンジの全貌を紹介。