1. TOP
  2. ANAマイル
  3. 格安 ツアーがお得?韓国旅行の費用と予算は?安い時期やおすすめスポット

格安 ツアーがお得?韓国旅行の費用と予算は?安い時期やおすすめスポット

韓流ドラマや辛くて美味しい韓国料理、

韓国のりやキムチなどお土産いっぱいのショッピング、

K-POPや人気歌手も多く年代を問わず10代~70代まで大人気の韓国。

日本から2時間半という気軽に行ける距離なのも人気の理由です。

いったい韓国旅行には、いくらぐらい費用がかかり、予算を組めばいいのか?

安くお得に行くにはどうしたらいいのかをまとめてみました。

またマイレージを使うと、飛行機代を無料で行くことができますので、マイレージで飛行機代を無料にする方法もお伝えしています。

韓国旅行の費用と予算は?航空チケットはいくらぐらいかかるの?

韓国旅行に通常かかる費用などを調べてみました。

まずは、飛行機にかかる費用、航空チケットの料金です。

最安値ルートは?などなど気になる韓国旅行についてまとめてみます。

韓国までの航空券の費用は?

それでは、まずは飛行機代から調べてみましょう。飛行機に乗っている時間も2時間半と短く、国内に行く感覚でもありますね。

ANAで行く場合

夏休み、冬休み、春休みなどのハイシーズンは6万円を超えてしまいますが、通常シーズンですと、4万円代~ぐらいから予約がとれます。

運賃、税金、旅客サービス料などを含めても4万円~6万円ぐらいです。

JALで行く場合

JALの場合は、同じエコノミークラスでもEconomy.Saver、Economy.Standard、Economy Semi-Flex、Economy.Flexで料金がそれぞれ違いますが、

一番安いEconomy.Saverで大体、4万円~6万円の間ぐらいです。

格安航空券の場合

格安航空券のサイトで調べましたら、いくつも出てきましたがその中でも一番安かったLCCのPeachでも21250円でした。通常シーズンで22000円~4万円ぐらいいですね。(時期によってや予約を入れる時期でだいぶ違うので、クリックして自分の行く日程を入れると価格がすぐにわかります。)

ただ、格安航空券は夜中に出発の便も多いので仕事が終わったその日に出発したいという方には、早朝には着いて遊ぶことができるのでいいかも知れませんね。


出典:格安航空券DeNAトラベル

 

時期によって違いますが、大体通常で4万円~6万円、格安航空券で2万円~4万円ぐらいかかります。

韓国旅行、もっとも安く行ける時期はいつ?

韓国旅行は5~7月、12月~1月が比較的安く、お得と言われています。

5月のゴールデンウィークが終わると需要がひと段落するため、その後の予約数が伸び悩んだ場合には、

航空会社やホテルがキャンペーン料金や値下げをしてくることが多くあります。

同じように年末年始の旅行を控えている12月前半は一旦需要が低くなり、ここでもキャンペーンが出やすくなりますので、

休みがとれるかたなどにはおすすめです。

 

知っていますか?韓国旅行に飛行機代がほぼ無料で行けるということを

マイレージという言葉を知っていますか?

マイレージは飛行機に乗った場合にためるものと思われがちですが、実は飛行機に一回も乗らなくても

貯めることが可能です。

詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

私自身が飛行機に一度も乗らなくてもマイルを貯め、毎年海外旅行へ行っているポイントを書いています。

陸マイラー 初心者でも家族旅行で飛行機代300万円が無料になった主婦旅行記

韓国へ行くマイルはたったの12,000マイルで無料で行ける

それでは、今度はマイレージで行く場合を考えてみます。

実は韓国は、海外ですが国内と同じ12,000マイルから行くことができます。

【シーズン】 L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)
【利用クラス】 Y(エコノミークラス)、C(ビジネスクラス)、F(ファーストクラス)

そして12,000マイルでしたら、わりとすぐに貯めることができるのでマイルを貯めてマイルで行くのはおすすめです。

ポイントサイトを使ったマイルの貯め方もありますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

全くお金を使わなくても12,000マイルぐらい貯まることもわかっていただけると思います。

特にポイントサイトを使えば韓国までのマイル数はすぐに貯まってしまいます。

ハピタス ポイントサイト を使ってマイルをザクザクと大量に貯める!!

格安ツアーを利用した場合の費用はいくらぐらい?

格安ツアーの利点は、飛行機の航空券とホテルが一緒になっていてすでに手配済みなのがいいですね。

それぞれに自分で手配する手間が省けます。

格安ツアーを紹介しているJTB

で調べてみますと、2泊3日のコースで4万円~8万円ぐらいの間で行くことができます。

ホテルのランクによって、もちろんもっと高い場合もありますが、この辺りで落ち着きそうです。

自分で全部を決めたい。乗る飛行機も、ホテルもちゃんと選びたい!!という方にはあまり向いていませんが、

フラッと旅行に出たいと言う場合などは、こうやって格安ツアーを探すのもひとつですね。

飛行機料金のことを考えれば、マイレージでない場合はこちらの格安ツアーのほうが、飛行機単体、ホテル単体で予約するよりも安くすみそうです。

その際には、ちゃんと行きたい観光地を調べホテルとの位置を確認しておきましょう。

やっぱりマイレージはお得です

格安ツアーで行けば、4万円~8万円で韓国旅行ができますのでわりと行きやすい金額だとは思います。

が、やはりマイルを貯めている身からすると高く感じてしまいます。

飛行機がほぼ無料で行けるとなると本当に韓国旅行はハードルが低いのです。

マイルも12,000マイル使うだけです。飛行機に使う分だった予算を少しグレードをアップしたホテルにしたり、

美味しいものをいっぱい食べたりする予算にも充てられるので、同じ金額を使った旅行でも満足度は結構高くなります。

韓国旅行に行くマイルがすぐに貯まり保険付帯までついている魔法のクレジットカード

こちらのカードは、初年度年会費が無料で申込みできる上、「韓国」まで行けるマイル数が一気に貯まってしまいます。

おまけに、そんじょそこらの海外保険よりも数段レベルの高い海外保険が付帯されているので、通常3,000円~6,000円ほどする「海外保険」に入る必要もなくなります。

空港ラウンジも無料サービスで使えますし、他にも書ききれないほどの特典がいっぱいの魔法のクレジットカードです。

海外旅行に行く際には、ぜひ使ってみて下さい。

アメックスゴールドがお得なポイントサイトとおすすめな申込【12月最新】。メリットのある使い方17選も紹介

 

韓国旅行におすすめのスポットベスト5

それでは、最後に韓国旅行に行った時におすすめのスポットベスト5をみてみましょう。韓国料理に、韓国ショッピング、韓流ドラマのロケ地などなどおすすめはたくさんありますが、特にここは押さえておいたほうがいいのではないかというところをご紹介致します。

第1位 ソウル 明洞(ミョンドン)

多彩なレストランやお店が集中しているソウルの中でも人気の繁華街です。

各種ブランド店、百貨店、コスメショップなどが集まる流行の中心地でもあり衣類や靴、アクセサリーなど、様々な商品が並んでいます。

ファミリーレストラン、ファーストフード店、韓国料理、洋食、和食などの飲食店があるほか、明洞はストリートフードが有名なので食べ歩きも楽しめるのが魅力ですね。

バラエティー豊かな韓国料理、焼き肉、栄養満点のスープ、美容とダイエットに効果のある海鮮料理などもここで堪能したいですね!!

韓国独自の味やおもてなしを心ゆくまで楽しみましょう。

第2位  ソウル 景福宮(キョンボックン)

景福宮(キョンボックン)というと韓国を象徴するようなイメージがあります。

景福宮は朝鮮王朝の正宮として約600年の歴史があり、ソウルの「五大宮」のひとつとして知られています。

敷地内は四季折々の美しい名園など、見どころ満載です。

休覧日を除く毎日午前10時から午後4時までの定刻に、宮殿の門を開閉して行なう守門将交代儀式が再現されています。

また敷地内には国立古宮博物館と国立民俗博物館もあり同時に楽しむのもおすすめです。

【利用時間】
11~2月 9:00~17:00
3~5月/9~10月 9:00~18:30
6~8月 9:00~18:30
※入場は閉館1時間前まで
【休日】
火曜日

【料金】約KRW5,000

第3位  江原道 平昌(ピョンチャン)

2018年の冬季オリンピック開催地でもあった「平昌(ピョンチャン)」はぜひ訪れてみたいところのひとつですね。

ただ、普段は観光地ではないのでソウルなどから少し離れたスキー場などのリゾート地です。

韓流ドラマ「冬のソナタ」のロケ地のひとつともなっています。

活躍した選手の晴れの舞台を巡る旅などもいいですね!!

ビジネスクラスで韓国へ行った旅行記もよかったら目を通してみてください。

【韓国旅行 ブログ】ANAマイルで航空券ビジネスクラスの21万円が無料に!

こちらの「マイルを貯めて海外旅行へ行こう!」の無料講座では初心者から上級者の方まで、

マイルを貯める方法をわかりやすくお伝えしています。

完全に無料なのでぜひ学んでみてください。

ライター紹介 ライター一覧

テル

テル

2017年11月から本格的にマイルを貯めはじめました。この1年で貯まったマイルは67万マイルほど。独身時代には海外のひとつも行ったことがなかったのに、子ども3人を子育て中の私が毎年ハワイやバリ島、そしてアジアの国々を訪れることができたのは家族とマイルのおかげ。主婦でもできた飛行機に乗らずに「年間10万マイル貯める方法」を無料のメール講座でお伝えしています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

  • 映画「今日も嫌がらせ弁当」の舞台、八丈島へのアクセスは?飛行機?船・フェリー?

  • ECナビとは?ポイントとマイルのお得な貯め方・使い方・交換までおすすめの案件紹介

  • ANA VISA Suica カードとANA VISAゴールド 比較 マイルをお得に貯める!

  • ANAアメックス ゴールド入会キャンペーン【12月】で最大7万マイル!ポイントサイトor 紹介?お得な申し込み方法と特典・メリットをわかりやすく解説!

  • バリ島へのマイル数(ANA)飛行機特典航空券と観光旅行の楽しみ方は?

  • パークフロントホテル 朝食は?感想をレビュー!!空いている朝がオススメ!!