1. TOP
  2. 旅行記
  3. タイ
  4. VELTRA ベルトラでバンコク3大寺院1日観光ツアーに行ってきた体験談です。【予約クーポンの紹介付き】

VELTRA ベルトラでバンコク3大寺院1日観光ツアーに行ってきた体験談です。【予約クーポンの紹介付き】

VELTRA(ベルトラ)をご存知でしょうか?

今回は70歳になる母親と2人での母娘タイ旅行でしたので、あまり迷っても行けないと思い、

現地ツアーを頼みました。このブログ記事ではベルトラを使った「バンコク3大寺院1日観光ツアー」とクーポンやポイントサイトとの比較をし、少しでも現地ツアーを安く予約した方法などもご紹介していきたいと思います。

VELTRA(ベルトラ)とは?

VELTRA(ベルトラ)は、14,000種類以上の海外・国内のオプショナルツアーを予約できる 現地ツアー専門予約サイトです。

タイのバンコクツアーですと、こんなものがありました。(私が予約したときにはタイだけでも88個のツアーがありました)

タイ・バンコクのツアーは88件

・アユタヤ遺跡+象乗り体験+水上マーケット+メークロン線路市場 1日観光ツアー<ホテル送迎/ソンブーンのカニカレーランチ付きプランあり/ベテランガイド選択可>

・本格的な象乗りアドベンチャー+ダムヌンサドゥアック水上マーケットツアー<午前/ホテルお迎え/日本語ガイド/空港お迎えプラン・ソンブーンの蟹カレーランチプラン有>バンコク

・アユタヤ遺跡+象乗り体験 半日観光ツアー<早朝空港発&午前市内発/ミシュラン掲載のエラワンティールームでのアフタヌーンティー付きプランあり バンコク

・ピピ島+バンブー島日帰りツアー マヤベイ&秘境バンブー島でシュノーケル<ランチ/日本語ガイド/スピードボート/空港お送りプラン有>*前日18時までキャンセル無料

・バンコク観光の決定版!アユタヤ+象乗り+水上マーケット+メークロン線路市場+カリプソキャバレー 1日観光ツアー<ホテル送迎/ソンブーンのカニカレー付きプラン有>

などなどです。

サイトの紹介をみているだけでも旅心がくすぐられワクワクしてきます。

今回は、母の希望を優先しこの2つのツアーに申し込みました。

 

私達が選んだツアーは?

・アユタヤ遺跡+バンコク3大寺院 1日観光ツアー<ホテル送迎/ホテル内ビュッフェランチ> バンコク

・バンコクパワースポットツアー インスタで人気!ピンクのガネーシャ+ワットパクナム<午前/送迎/日本語ガイド/ジブリ公認トトロレストランでのランチ付プラン有> バンコク

主にパワースポットを中心に巡る旅ですね!!しっかりと開運してきま~~す♪♪

クーポン、ポイントサイトを使って少しでもお得に予約する

今回は、このサイトを初めて使ったのですがいつものポイントサイトの裏技を使い、ポイント、クーポン、そしてクレジットカード決済のポイント3重取りで予約しました。

ポイントサイトはモッピーが一番還元率が高かったのでモッピー経由で申し込みをしました。

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

モッピーに経由で申し込みする

モッピーについて詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

モッピーとは?ポイントとマイルのお得な貯め方・使い方・交換まで徹底的に解説!

こちらを経由することにより旅行代金の4%がモッピーのポイントとして戻ってきました。

 

モッピーにログインし、「VELTRA」or 「ベルトラ」で検索

「ショップへGO」をクリックします。これで実施後購入学の4%のポイントが貯まります。

 

【追記】

ツアーが終わって2ヶ月後にポイントが付与されていました。

合計で1643ポイントゲットです。

ANAマイルに交換すると、1330マイル分(13万3,000円の決済分)になるので、大きいですね!

初めて予約するときのベルトラでのクーポンは?

初めてベルトラで予約するときにはクーポンがあると便利ですよね?

こちらからクーポンが申し込みできます。

1,000円OFFクーポンはこちらから

ただこのクーポンには下記のような条件があるので、クーポンを使うよりもポイントサイトモッピー経由のほうがポイントが多く貰えそうです。

ツアー代金が25,000円を超えるかたは、モッピーのほうがより還元率がいいですね!!

■キャンペーン内容

アプリ経由でのご予約に使えるクーポンを、ご希望者全員にプレゼントいたします。

■クーポン内容

20,000円以上のご利用で、1,000円OFF

※1回のご予約で、20,000円を超える商品のみが対象となります。

■注意事項

当キャンペーンで配布されるクーポンは、ベルトラアプリ上でのご予約にしか適用されません。アプリ外からはご利用いただけませんので、ご注意ください。

・クーポンを取得するとVELTRAから無料のニュースレター(メールマガジン等)が配信されます。

・すでに予約済商品をキャンセルした上での、クーポン利用による再予約はできません。予めご了承ください。

・他クーポンとの併用はできません。

・クーポンは、会員様おひとりにつき1枚までの発行となります。

・当社の都合により予告なく本サービスを終了することがあります。

●以下商品にはご利用いただくことができません。
・モニターツアー対象商品
・販売開始前、もしくは予約受付期間外(予約時にカレンダーで選択できない日程)の商品

 

バンコク3大寺院1日観光ツアー

ホテルへのお迎えあり

お迎えに来ていただけるホテルの一覧はこちらです。

当日は、宿泊していたホテルへガイドの方が迎えに来てくださいました。

運転手さんとガイドさんが一緒に来てくれており、車に乗って移動ですので楽ちんです。

個人的には、この車に乗って移動をするということに一番のこのツアーの魅力を感じました。

メリットを書いてみますと、

・初めてのタイ(バンコク)だったにも関わらず道に迷わずに何箇所も回りたいところを回れた。

・車での移動なのでタイの街並みや人々の暮らしがよく見れた。

・ちょっとわかりずらい日本語でしたが、ガイドさんが一生懸命説明してくれた。

・ガイドさんの説明のおかげで寺院での振る舞い方などを知ることができた。

・他のツアー参加者とおしゃべりすることができ、別の情報も得れ楽しい時間が過ごせた。

・ホテルでのビュッフェ形式の美味しいお昼ごはんが食べることができた。

・トイレなどを有料のところは使わずに、無料で使えるところを案内してくれた。

 

デメリットといえば、

・個人でどこかを回るよりもお金がかかってしまう。(これはメリットのほうが上回ったので個人的にはOKです)

・結構詰め込んであるツアーでしたので、次から次へといろいろなところに行くのでひとつひとつをじっくり見るというわけにはいかなかったです。

 

しかし、初めてのタイ(バンコク)でこれだけいろいろと見てまわれたので、とても満足でした。

 

船に乗ってワット・アルンへ

 

ワット・アルン(暁の寺)

アルンとは「暁」という意味で、三島由紀夫の小説「暁の寺」に描かれた寺院です。アユタヤ時代に建立され、当時はワット・マコークという小さな寺院でしたが、1779年、トンブリ王朝のタクシン王がエメラルド仏を祀りワット・アルンと名付け、第一級王室寺院としました。トンブリ王朝からチャクリー王朝となってからはワット・プラ・ケオが第一級王室寺院となり、エメラルド仏も移されました。大仏塔の右にある本堂はラーマ2世の建立で、台座には王の遺骨が納められています。(タイ国政府観光庁HPより)

という前知識をもとに見てきましたが、本当に美しかったです。

最初に見て驚きました。10メートルぐらいの川を船を使って移動するのですが、そこから見える風景がまた気持ちよくいい体験でした。

あらかじめガイドさんがチケットを購入してくれるので、そのあたりも時間のロスがなくいろいろと見て回れますね。

ワット・ポー (バンコク最古の寺院)

王宮の南側には涅槃仏とタイ・マッサージで有名な王宮寺院、ワット・ポーがあります。長さ46メートル!横たわる黄金の涅槃仏(寝釈迦仏)はバンコク観光の必見スポットです。ラーマ3世によって造立された涅槃仏は、全長46m、高さ15m。その大きさもさることながら、特に興味深いのが仏像の足の裏です。足の裏には仏教の世界観を現した108の図が、美しい螺鈿(らでん)細工(貝殻を研磨して模様にはめ込んでいく装飾方法)によって描かれています。また、ラーマ3世によって医学の府とされたこの寺院は、東洋医学に基づくタイマッサージの総本山となっており、敷地内ではタイ古式マッサージを受けることができます。(タイ国政府観光庁HPより)

個人的には、ここのワット・ポーで涅槃仏(ねはんぶつ)を見るのを楽しみにしていました。

奈良の大仏さまを見る気持ちでしょうか?実際に行ってみるとその大きさ、黄金に圧巻です。

お顔がとても美しく、経路が決まっており一周したのですが、もう一度お顔をみたくもう一周回ったぐらいです。

世界中の様々な国からの観光客の人達が訪れていますので、そこで飛び交う言語も様々です。

インスタ用にと思われる写真を撮っている方も多かったです。

ワット・プラケオ(王宮 エメラルド寺院)

エメラルド寺院の通称で知られているワット・プラ・ケオは、1782年、ラーマ1世が現在の王朝であるチャクリー王朝を開いたときに護国寺として建てた寺院です。敷地内の黄金の仏塔には仏舎利(仏陀の遺骨)が納められています。ワット・プラ・ケオは王室の守護寺院として建立され、タイで最も美しく、きらびやかな寺院です。エメラルドブッダが季節に合わせ年3回衣替えします。(タイ国政府観光庁HPより)

 

私たちが訪れた日は、なんだかとっても重要な方がこの寺院を訪れるということで軍隊が周りを取り囲んでおり、なかなか中に入ることができませんでした。

実際に銃を持った軍隊が目の前にいたのでちょっとドキドキしましたが、特に何もなくタイのあの暑さの熱気の中待っているだけでした。

1時間ぐらい待ったでしょうか?ようやく中に入れる許可がおり、それまで待っていた観光客の方たちが一斉に中に入りました。

 

王室の守護寺院として建てられただけあり、中は本当にきらびやか。タイの王室というのはすごいものだなと感じました。

タイのバンコクを周っていたら、その全てにおいてこのきらびやかな寺院とその周りにある一般人の家の差にちょっとびっくりしました。

プライム・ホテル・セントラル・ステーションバンコク内「Station Cafe」にて昼食

ここはよかったです。ビュッフェ形式でたくさんの食事が並べられています。

タイ料理もありますし、通常のどこのホテルでもあるようなお料理も並べられています。

いっぱい食べて大満足です!!トイレもきれいなトイレを使えるのでよかったです。

ガイドさんはトイレは、できるだけお金もかからずきれいなところを選んでくれていました。

サラダも充実していて盛りだくさんです!!

パリパリとしておせんべいのように美味しかったです。

こちらも独特のドレッシングですね!

チャンプルーです。うん、これは結構なじみの味でした。

これも日本では見かけないですね。

甘かったケーキたち。暑い国のアジアの方は辛いもの、甘い物が大好きですね!

寿司みたいですが、日本のものとは味が違いました。

キムチもあります。お漬物コーナーだった気がします。(忘れてしまいました!)

たくさんよそって、大量に食べてしまいました。(だって美味しいんだもん)

こんな感じのホテル・レストランでした。

アユタヤ遺跡観光(4か所)

午後はアユタヤ遺跡をみてまわりました。午前までのきらびやかさとは打って変わって、破壊された遺跡はちょっと痛々しい風景でした。

1351年にウートン王によって建都されてから、1767年にビルマ軍の攻撃で破壊されるまでの417年間、アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた都市です。チャオプラヤー川とその支流に囲まれた地形は水運に恵まれ、17世紀はじめにはヨーロッパと東アジアを結ぶ国際貿易都市として繁栄しました。その都市計画や中央集権制度、国際貿易振興といった近代国家の基盤は、その後のバンコク王朝にも受け継がれています。苔むした仏塔のチェディ、大草原に悠然と横たわる涅槃像、素晴らしい建築美を誇る歴代王の離宮、かつて栄華を極めた古都の壮大な歴史が眠る遺跡の街・アユタヤ。現代にその当時の姿をつたえる荘厳な遺跡群は歴史公園として整備され、1991年にユネスコ世界遺産にも登録されました。(タイ国政府観光庁HPより)

ワット・ロカヤスタ

「ワット・ロカヤスタ(Wat Lokaya Suttha)」は、タイの世界遺産「古都アユタヤ」遺跡のひとつ。「ワット・ローカヤスターラーム(Wat Lokayasutharam)」とも呼ばれ、屋外に悠々と横たわる全長28mもの巨大涅槃仏を、触れられるほどの近さで見られる人気の観光地です。(LINEトラベルHPより)

ワット・ヤイチャイモンコン

1357年、アユタヤを建都した初代ウートン王がセイロン(現スリランカ)に留学中の修行僧たちの瞑想のために建てた寺院で、別名を「ワット・プラ・チャオプラヤータイ」といいます。また、遠くからでもひときわ目立つ高さ72mの仏塔は、1592年に19代ナレスアン王が象にまたがり一騎打ちでビルマ王子を敗り、ビルマ軍との戦いに勝利した記念の塔です。当時、ナレスアン王はビルマが先に建てたチェディ・プカオ・トンのパコダに対抗してこの仏塔を建立しましたが、高さはわずかに及びませんでした。(タイ国政府観光庁HPより)

ワット・マハタート

1369年~70年の2代ラーメスアン王が建てたという説と、1370~88年の3代ボロムラーチャー1世が建てたという説がある13世紀の重要な寺院の一つです。かつては塔の頂上が黄金に輝いていたこの寺院もビルマ軍の侵略により廃墟と化し、今は木の根の間に埋め込まれた仏像の頭や、頭部がない仏像、崩れ落ちたレンガの壁や礼拝堂の土台が残るのみとなっています。1956年の修復の際、塔の跡から数々の黄金仏や宝飾品などが発見され、これらは現在チャオ・サン・プラヤー国立博物館に展示されています。(タイ国政府観光庁HPより)

ワット・プラシーサンペット

アユタヤ王宮内にあった最も重要な寺院で、バンコク王朝におけるエメラルド寺院のような存在。トライローカナート王時代の1448年に建立され、以降はここで宮中儀式が執り行われてきました。寺院のシンボルは、東西に並ぶ3基の仏塔で、それぞれにトライローカナート王(1448~1488年)とその王子らの遺骨が納められていたと言われています。仏塔の東側に本堂が後に建立され、高さ16メートル重さ171キロの、純金に覆われた立仏像が置かれていました。この仏像が寺院名にもなった「プラ・シーサンペット」といいます。1767年のビルマ軍による第2次アユタヤ侵攻で寺院そして仏像は悉く破壊されましたが、戦後になって修復され、現在の姿となりました。(タイ国政府観光庁HPより)  

 

なんだかちょっぴり痛、痛しい気持ちもありましたが、今はこうして平和にお祈りできる環境になり、いい時代にきたなと思っています。

象乗り体験

今回はせっかくですので、象乗り体験もしてみました。直接象に触れることができたわけではないのですが、象にのって見るタイというのもなかなかいいものでした。ちょうどそこにいた象乗りの仕事をしてくれている方が、妊娠中でそのお話で盛り上がりました。

ほんの少しでも現地の人とお話できると旅行が一層面白くなりますね!!

追記:今回のタイ旅行を決めたのは、飛行機でファーストクラスを利用してみたかったからです。

今までコツコツと陸マイラーとして貯めていたマイルでファーストクラスの特典航空券をゲットしたのです。

きっと今回出逢ったツアーに参加していたどの方たちよりも、飛行機代は安く済んでいると思います。

というか、サーチャージ、税金など意外は無料でした。(6回飛行機に乗ったトータルが25,000円です)

こちらの記事でファーストクラスのことも紹介していますので、読んでみてください。

初のファーストクラスはタイ航空 A380 特典航空券のマイルで搭乗した体験記

このツアーの次の日は、別ツアーの半日コースに申し込みをしました。

パワースポットでもあるピンクガネーシャでお祈りをしてきました。

バンコク パワースポット ピンクガネーシャ、ワットパクナム、トトロレストランでのランチ付きツアー体験談【VELTRA ベルトラ】

\ SNSでシェアしよう! /

Enjoy Mile Life!!マイルからはじまる夢を叶える人生旅行!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Enjoy Mile Life!!マイルからはじまる夢を叶える人生旅行!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

テル

テル

2017年11月から本格的にマイルを貯めはじめました。この1年で貯まったマイルは67万マイルほど。独身時代には海外のひとつも行ったことがなかったのに、子ども3人を子育て中の私が毎年ハワイやバリ島、そしてアジアの国々を訪れることができたのは家族とマイルのおかげ。主婦でもできた飛行機に乗らずに「年間10万マイル貯める方法」を無料のメール講座でお伝えしています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

  • プロフィール Enjoy mile life テル

  • パークフロントホテル 朝食は?感想をレビュー!!空いている朝がオススメ!!

  • シンガポールへの必要マイル数は?ANA国際線特典航空券を利用して。

  • 【Marriott Bonvoy】SPGポイントの使い方は?ホテルの予約は電話が便利!!お得な使い方も教えてくれる予約デスク

  • ハワイ旅行ホノルル・マウイ島へマイルで航空券が無料に7日間ののんびり夏休み

  • タイ航空のビジネスクラス搭乗記レビュー【バンコク→台北】座席、機内食、ラウンジは?