1. TOP
  2. クレジットカード
  3. ソラチカ カード、マイルの貯め方、移行、還元率を解説!ソラチカルート閉鎖後対策で年間20万マイル!

ソラチカ カード、マイルの貯め方、移行、還元率を解説!ソラチカルート閉鎖後対策で年間20万マイル!

飛行機に乗らずともマイルを貯める陸マイラーにとって必須のクレジットカード、

それは「ソラチカカード」と呼ばれるものです。

 

このカードがないとマイルが思うようには貯まりません!!

 

「陸マイラー目指したいんだけど、私の使っているカード利用額じゃ貯まらないよな。」

「そもそも飛行機乗らないからマイル貯まらないし」

 

と思われている方は、この「ソラチカカード」の威力を知って下さいね。

 

追記:2019年12月27日でこの記事に書いてある「ソラチカルート」は

終了になりますので、今から陸マイラーをはじめる方は下記の記事を参考にしてください。

TOKYUルートが新誕生!ソラチカルートよりも断然便利!?ANAマイルを貯める陸マイラーへのおすすめ

目次

クレジットカード決済が月間5万円の方でも20万マイルが貯まる!

このソラチカカードがあるおかげで「月に5万円のクレジットカード決済」の方でも、

年間20万マイル以上のマイルを貯めることが可能になってきます。

そんな威力のあるカードなのです。

(この記事は、2018年3月でのソラチカルート封鎖後についての新ソラチカルートの案内をしています。)

ソラチカカードは陸マイラーにとっては、まず揃えるべき1枚目のカード

ソラチカカードは陸マイラーにとっては必須の1枚として、広くANAマイラーに知られています。

なぜ、このカードが陸マイラーにとって必須の1枚なのでしょうか?

それを解説する前に、このソラチカカードを発行する際に損をしないようにお得な発行方法を知っておいてくださいね。

発行方法によって、数万マイル貯まるか、全く無駄にしてしまうかどうかの違いがあります。

 

クレジットカードを作る際には、2つの方法があります。

・ハピタスなどの「ポイントサイト」を活用してポイントでキャッシュバックをもらう方法

・「新規入会キャンペーン」を活用してボーナスポイントやボーナスマイルをもらう方法

です。

こちらの記事では、上記2つに付け加え、最も多くポイントのもらえるソラチカカードの入会方法をお伝えしていますので、

カードを発行する際には、参考にしてみてください。

ソラチカカード がお得なポイントサイトと入会キャンペーンを紹介【10月】で58,000マイル以上貯めるお得な申込方法

ANAマイルへの交換レートが最強の81%!ソラチカカードが陸マイラーにとって持つべき理由

多くの陸マイラーさんは、なぜ「ソラチカカード」が陸マイラーにとって必須なのかは、すでにご存知のことと思います。

ここでは、まだ「ソラチカカード」「ソラチカルート」を知らない方のために

・「ソラチカカード」はなぜ陸マイラーが持つべき1枚なのか?

・「ソラチカルート」と呼ばれるものはなに?

・「ソラチカカード」で貯めたポイントを最大81%の還元率でANAマイルに移行する方法

を解説していきます。

「ソラチカカード」はなぜ陸マイラーが持つべき1枚なのか?

それでは、陸マイラーにとって「ソラチカカード」を必ず持つべき最大の理由はなんでしょう?

ANAマイルを貯める方法ですが、

 

・買い物をしてポイントを貯めてANAマイルに交換する

ポイントサイトでポイントを貯めて、ANAマイルに交換する

・飛行機に乗ってANAマイルを貯める

 

と大きくは3つありますが、

この中で「ソラチカカード」は

他のポイントサイトからANAマイルに交換する際のレートが81%とめっちゃくちゃ高い!!

・ソラチカカードを使ってメトロポイントに交換できるポイントサイトが多数ある!!

ということで、ANAマイルを貯めるための条件がそろっているのです。

上手く使うと無料でANAマイルがどんどん貯まっていくのですね。

「ソラチカルート」と呼ばれるものはなに?

ソラチカルートとは、飛行機に乗らずに陸でマイルを貯める「陸マイラー」の間でとても有名な超がつくほどお得なポイントの移行ルートのことです。

このソラチカルートを使うと、東京メトロのポイントである「メトロポイント」を「ANAマイル」に81%という高いレートで移動ができるのです。

ソラチカルートのソラチカという名前は、ソラチカカード(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB)からきています。

ANAが提供するクレジットカード「ANAカード」の一種で、日本のクレジットカード会社JCBが発行しています。

 

「ソラチカ」という名前からも分かるように、ANAカードとしての機能「空(ソラ)」と、東京メトロのPASMOとしての機能「地下(チカ)」が一体化したカードです。

「ソラチカカード」で最大81%のANAマイルを貯める術

この「ソラチカカード」は通常のクレジットカードのように「買い物をしてポイントを貯める」のに使うのではなく、

ポイントの移行のみに使います。

例えば、このようになります。

モッピー(ポイントサイト)からANAマイルに変える場合

ポイントサイトモッピーはハピタスに続き、有名なサイトですがここで貯めたポイントも、

ANAマイルに移行することができます。手順としてはこのようにポイントサイトを経由させながら移行していきます。

モッピー(100%)→PeXポイント(100%)→ワールドプレゼントポイント(100%)→Gポイント(100%)→LINEポイント(100%)→メトロポイント(ソラチカ)(90%)→ANAマイル(81%)

モッピーが人気の理由は、マスコットの可愛さもありますが(ある?)1ポイント=1円で、300円から換金できる便利さからですね。

「ポイ活」にもよく使われます。

現在会員数も600万人を超え、ちょっとした副業やお小遣い稼ぎにも使われています。

ゲームをするとポイントがもらえたりと、遊び心のある楽しいポイントサイトです。

こんな感じのかわいいサイトです。クリックすると無料登録でき、どんなポイントがもらえるのか見ることができます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

>>> モッピーでマイルをザクザク貯める

 

ハピタス(ポイントサイト)からANAマイルに変える場合

同じようにポイントサイト「ハピタス」で貯めたポイントも下記のルートでANAマイルに変えることができます。

例えば、ハピタスで10,000ポイント貯まっているものをこのルートでANAマイルに移行すると8,100マイルが貯まるということになります。

ハピタス(100%)→PeXポイント(100%)→ワールドプレゼントポイント(100%)→Gポイント(100%)→LINEポイント(100%)→メトロポイント(ソラチカ)(90%)→ANAマイル(81%)

ハピタスは、私自身も一番長く使っているポイントサイトです。

今まで多くのクレジットカードを申込みましたが、しっかりとポイントも獲得でき、使い勝手がいいです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

>>> ハピタスでマイルをザクザク貯める

Gポイント(ポイントサイト)からANAマイルに変える場合

Gポイント(100%)→LINEポイント(100%)→メトロポイント(ソラチカ)(90%)→ANAマイル(81%)

とても人気のあるポイントサイトです。数あるポイントサイトの中で、Gポイントは還元率が総じて高いのも特徴です。

還元率の高さを他のポイントサイトと比べてみてください。

Gポイント

>>> Gポイントでマイルをザクザク貯める

 

ECナビ(ポイントサイト)からANAマイルに帰る場合

ECナビ(100%)→PeXポイント(100%)→ワールドプレゼントポイント(100%)→Gポイント(100%)→LINEポイント(100%)→メトロポイント(ソラチカ)(90%)→ANAマイル(81%)

※Gポイント交換時に5%の手数料がかかります。裏技としてGポイント指定広告案件を利用すると戻ってきます。

>>>ECナビに登録してマイルをザクザクと貯める<<<

 

Pex(ポイントサイト)からANAマイルに変える場合

PeXポイント(100%)→ワールドプレゼントポイント(100%)→Gポイント(100%)→LINEポイント(100%)→メトロポイント(ソラチカ)(90%)→ANAマイル(81%)

とこのように、非常に高いレートでANAマイルに交換できます。

>>>Pexでマイルをザクザク貯める

 

ソラチカルートはそんなにスゴイのか?!

それでは81%の還元率というこのソラチカルートはそんなにすごいものなのでしょうか?

他のルートと比べてみましょう。

ソラチカルートを楽天やTポイントと比較

例えば、楽天ポイントやTポイントをANAマイルに交換する場合には「2ポイント→1マイル」の交換レートです。つまり、マイルへのポイント交換は50%の還元率であることが普通なのです。

これが81%まで交換可能ということで陸マイラーの間では、必ず持つべき1枚なのですね。

もし仮に10万円分のポイントを持っているとすると、それが、8万1,000マイルとなるのですから、ものすごくマイルが貯まりやすいです。

81,000マイルをクレジットカードを使ったお買い物決済のポイントで貯めようと思ったら、810万円使わないと貯めることができません。

気が遠くなるような話ですね。

ポイントサイトを活用すれば、これだけのマイル数をほぼ無料で貯めていくことができます。

ポイントをどのように貯めていくのか?どんな貯め方があるのか?様々な貯め方を知りたい!!という方は「マイル基礎講座」の中でポイントを貯める例もたくさんお伝えしていますので、

下記をクリックしてみてください。もちろん無料です。

年間194,400マイルを生み出すソラチカカードとソラチカルート

ソラチカルートを使って、ANAマイルへの移行でマイルを貯めることができるということはわかっていただけたと思います。

ですがソラチカルートは制限なくマイルを生み出せるわけではなく、こんな移行上限があるのです。

ソラチカルートにはポイントの移行上限が設定されており、1月あたり最大でも20,000メトロポイントしか移行申請できません。

つまり1ヶ月の間に獲得ANAマイルは、最大でも20,000×0.81=16,200マイルとなるのです。

しかしです!!!

例えばこのソラチカルートで1年間ANAマイルを貯め続けると、18,000×12=19万4,400マイルを獲得できてしまうんですよ。

これに月に5万円の決済で貯まるマイルを合わせれば、6,000マイルは貯まりますので年間20万マイル貯めることができますね。

年間20万マイルあるとマイルではなにができるの?

それでは、次にこの年間20万マイルという価値を考えてみましょう。

まず、お買い物でクレジットカードを使ってマイルを貯めた場合と比べてですが、

100円で1マイル貯まるカードの場合はこのようになります。

100円で1マイル

1,000円で10マイル

10,000円で100マイル

100,000円で1,000マイル

1,000,000円で10,000マイル

ですね。20万マイルをクレジットカードでの買い物ポイントで貯めようと思ったら、2,000万円使わないと貯まらないことになります。

こんなのは、ほとんどの方は無理(私も無理です!!!)だと思いますので、これではマイルを貯める気がなくなってしまいますね。

次にマイルでできることを見ていきたいと思います。

上の図は、日本からハワイ、北米、欧州へ行くのに必要なマイル数です。

Yがエコノミークラス、Cがビジネスクラス、Fがファーストクラスを表しています。

Lはローシーズン、Rはレギュラーシーズン、Hはハイシーズンのことです。

 

例えば、レギュラーシーズンにハワイへの特典航空券と交換しようとすると、40,000マイルが必要になります。40,000マイルあればハワイまで行けてしまうのですね!!

20万マイルあれば、ハワイに5回ぐらい行けちゃいますね。5人家族なら家族で行くことも可能です。

他にもビジネスクラスへは、ニューヨークまで2回!

ファーストクラスであってもニューヨークまで1回!

乗ることが可能になってきます。

ビジネスクラスって、普通この距離ですと80万円ぐらいかかり、

ファーストクラスですと、200万円ぐらいの支払いが必要です。

その分がこのソラチカルートで貯まるって、私ははじめ信じられませんでした。。。

だけど、本当にそんなことが可能なので私もビジネスクラスに乗ることができたのです。

2ヶ月貯めると、韓国までビジネスクラスで行けますよ。

それでは次にいくつかのソラチカルートを紹介します。

ソラチカルートで81%の還元率を誇るLINEポイントルート

LINEルートは、このようになります。LINEポイントを使ったルートです。

ポイントサイト→Pex→三井住友カード(ワールドポイント)→Gポイント→LINEポイント

LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル

ポイントサイトからANAマイルへおすすめは新LINEルート【2019年交換一覧保存版】

これですと、ポイントサイトからLINEポイントまでが等価ルートで変更でき、LINEポイントからメトロポイントが90%、メトロポイントからANAマイルが90%、

ANAマイル交換レートが81%!となります!

このルートが使えるうちは、このルートが一番マイルが貯まるので陸マイラーの間では人気ですが、

各ポイントサイトで貯まったポイントがANAマイルになるまでの移行の経由回数がもっとも多いです。

そのため、もっと移行の経由回数が短いのが次のルートです。

ソラチカルートとnimoca(ニモカ)ルート

nimocaルートというものも、陸マイラーの間で話題です。ただ交換手続きが九州か函館になってしまうようなので、九州か函館の方にとっては良さそうですが、そこまで行くのが大変な方には難しいそうですね。

各種ポイント→Gポイント→nimocaポイント→ANAマイル

の手順で交換していくと、1ポイントを0.7マイルに交換できます。

ただ、nimocaポイントを交換できる場所が西鉄などの窓口やポイント交換機のみに限定されるので、多くの方はちょっと大変そうです。

ソラチカルートにかわるANA VISA直接ルート

これは、人気が出るかはわからないですがポイントサイトを経由する手間が面倒で、マイルもそこそこ貯まればいいという方は、レートは落ちますが、これは楽です。

こちらがハピタス→ Pex → ANA VISAカード→ ANAのルートです。

ANA VISAカードや三井住友カードのワールドポイントを直接ANAマイルに変えてしまいます。

ワールドポイントは1ポイント3マイルに計算して交換できるので、

3960ポイント×3マイルでハピタスで得た20,000ポイントが11,880マイルになります。

これを上記のLineルートを使うと、1ポイント4.5マイルで交換できるので、

3960ポイント×4.5マイルで17,820マイルになります。

 

ハピタスで20,000ポイントをマイルに交換する場合は、Lineルートを使うか使わないかで5940マイル違ってくるので、

やはり「ソラチカカード」は使いたいですね。

継続ボーナスとして1,000マイル付与される

このソラチカカードですが、年会費は初年度は無料、2年目以降は2,160円(税込)となっています。家族会員の年会費は初年度は無料、2年目以降は1,080円(税込)となります。

ただ、このソラチカカードは保有しているだけで、

毎年1,000ANAマイルの継続ボーナスマイルをもらうことができます。

100円で1マイルに交換できるクレジットカードなら10万円分の決済でもらえるマイル数です。

このため我が家では、夫婦とも家族会員にはならずにお互いに本会員でカードを持っています。

ポイントの移行でも2人とも必要ですしね。(と言っても旦那さんはほとんどポイントは貯めていません。)

ソラチカカードは、「マイ友プログラム」に登録後、申込・入会をするだけで500マイルもらえる!!

ソラチカカードに限らず、ANAカードは入会すると、誰でも、入会ボーナスマイルが1,000マイルもらえます。

ゴールドカードの入会であれば2,000マイル、プラチナカードなら5,500マイルが入会時にもらえます。

ここでは、そのボーナスマイルにさらにお得にマイルがもらえてしまうという「マイ友プログラム」をお伝えします。

 

例えば、ANAカードを持っている人から紹介を受けてソラチカカードを作成すると、500マイルもらえる「マイ友プログラム」というものをANAは行なっています。

 

 

さらなるボーナスポイントがもらえるソラチカカード申込みの手順

①ソラチカカードを申し込む前に「マイ友プログラム」に登録する。

ソラチカカードを申し込んでマイ友プログラム入会ボーナスマイルをもらうには、まずはこちらのページに進みます。

>>マイ友プログラムページに移動する

 

②紹介者の名前と紹介者番号を入力する

紹介者情報を入力する欄が表示されますので、下の通り「紹介者氏名(マツムラテルミ)」「8桁の紹介番号(00039679)」を入力します。

登録者情報にあなたの「名前」と「生年月日」を入力します。

 

③ソラチカカードを申し込む

「マイ友プログラム」に申し込んだあとに表示されてでてくる画面の左下のボタン「ANAカードに入会の方はこちら」をクリックする。

ここにANAカードがズラッと25種類ほど表示されてきますので、「ANA To Me CARD PASMO JCB」の「お申し込みボタン」をクリックしてソラチカカードを申し込みます。

 

必ず「マイ友プログラム」に登録してから「ソラチカカード」の申し込みをお願いします。逆で申し込んだ場合はボーナスマイルがもらえません。

これだけでなく、もっとお得に入会する方法は、こちらの記事を読んでくださいね。

 

ソラチカカード がお得なポイントサイトと入会キャンペーンを紹介【10月】で58,000マイル以上貯めるお得な申込方法

ソラチカカードについてまとめ

・ソラチカカードは陸マイラーになるには、絶対に必須の一枚

・クレジットカード決済が「月に5万円」の人でも年間に20万マイル貯めることができる魔法のカード

・ANAマイルへのレートが最強の81%

ポイントサイト1万円分のポイント→8,100マイルに交換可能

・年間20万マイルあると、

200万円もする航空券が無料でもらえる!!

・新規の申し込み方によって、ビジネスクラスに乗れるぐらいのマイルが貯まるので、どこか適当なところで作成しないように要注意!!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

2006年から2017年8月まで11年かかって貯めたマイルが45万マイルでした。

そして2017年11月から2018年8月まで9ヶ月で貯めたマイルが同じく45万マイルです。

それまでの11年間かかって貯まったマイルをわずか9ヶ月で貯めることができました。

そして今現在は、このようになっています。

ANAマイル実績 568,682マイル

 

 

ソラチカカードにあるポイント 40,761マイル

SPGカード約4万マイル分

 

あっ!それと2018年8月は韓国へビジネスクラスの旅をしたので3万マイル使ってました。

ということで1年間で67万マイル貯まっていました。

”ハワイへ16往復できちゃいます”

”沖縄へ45回往復できちゃいます”

”世界一周旅行2回ぐらいできちゃいます”

”ニューヨークまでファーストクラスで4往復できます”

と自分でも驚くぐらいの数字です。

私が1年間でマイルを急速に貯めた「5つの方法」を完全に無料でお伝えしていますので、よかったらメルマガにも登録してみてくださいね。

5つの方法を使って」初心者でも最速で、マイルの貯まる方法やお得なポイントサイトの使い方を紹介しています。

ライター紹介 ライター一覧

テル

テル

2017年11月から本格的にマイルを貯めはじめました。この1年で貯まったマイルは67万マイルほど。独身時代には海外のひとつも行ったことがなかったのに、子ども3人を子育て中の私が毎年ハワイやバリ島、そしてアジアの国々を訪れることができたのは家族とマイルのおかげ。主婦でもできた飛行機に乗らずに「年間10万マイル貯める方法」を無料のメール講座でお伝えしています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

  • 2019年おすすめ人気のクレジットカードランキングBEST5で主婦マイラー2ヶ月で10万マイル!!

  • ANAアメックス ゴールド入会キャンペーン【10月15日まで】で81,000マイル!ポイントサイトor 紹介?お得な申し込み方法と特典・メリットをわかりやすく解説!

  • ハピタスとは? ポイントサイトのポイントを使い、貯まったマイルは1年間で60万マイル超え!!

  • ANA VISA Suica カードとANA VISAゴールド 比較 マイルをお得に貯める!

  • EC ナビ グルメや買い物モニターで貯める!ポイントがザクザク貯まりマイルも貯まる【ポンポンモニター】

  • イオンカード(TGCデザイン)は年会費無料なのに可愛くて映画も1,000円で観ることができお得!