1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANA VISA プラチナ プレミアム カード新規申込【12月】入会 キャンペーンでポイントを最大に!還元率1.9%!

ANA VISA プラチナ プレミアム カード新規申込【12月】入会 キャンペーンでポイントを最大に!還元率1.9%!

ANA VISAプラチナ プレミアムカード。

 

プレミアムの響きにVIP感を感じることのできるカードです。

このANA VISAプレミアムカードですが、

年会費が15万円を超えるような他のカードと比べると、

還元率が最大1.9%という高還元率を誇りつつも、

年会費が8万円とプラチナカードとしてはリーゾナブルな金額となっています。

 

フライトで貯まるマイルはもちろんのこと、

陸マイラーとしてもマイルがザクザクと貯まるカードです。

 

ANA VISAプラチナプレミアムカードは、

申し込み方法やキャンペーンの活用の有無によって、

もらえるポイント数に大きな差がでてしまいますので、

この記事では、『ANA VISA プラチナプレミアムカード』を

一番お得に申し込む方法やANA VISAプラチナプレミアムカードの魅力を

たっぷりとお届けします。

 

目次

ANA VISA プラチナ プレミアムカードで大量にマイルを獲得!!

 

「至極の旅を約束するプレミアムな一枚」のANA VISA プラチナ プレミアムカード、

このカード一枚でどれくらいのマイルを貯めることができるのでしょうか?

ANAマイラーにとっては気になるところだと思います。

 

通常申込みの場合のANA VISAプラチナプレミアムカードについて少しまとめてみます。

 

ANA VISA プラチナ プレミアムカードはマイルの交換が1ポイントで15マイル

 

ANA VISAプラチナ プレミアムの場合、

ワールドプレゼント1ポイント=15マイルで移行できます。

しかもマイル移行手数料は無料です。

 

クレジットカードのお買い物で使う場合は、

1,000円のお買いものごと1ポイント15マイル貯まっていくので、

一般カードなどのカードを使うよりは、1.5倍マイルが多く貯まります。

 

1,000円=1ポイント=15マイル

この時点で、還元率は1.5%です。

 

有効期限が4年と長い

 

またポイントの有効期限が4年あり、

一般カードが2年の有効期限に対し2倍となっています。

 

さらにマイ・ペイすリボを活用すると、還元率がもっと上がります。

マイ・ペイすリボの活用で、さらに還元率を0.3%上げる

リボは手数料が高くて怖い!!と思われる方は多いと思いますが、

このマイ・ペイすリボは使い方によっては、

1ヶ月に12円のみの金利で還元率が0.3%も上がってしまうのです。

その方法を説明します。

 

まずは、マイ・ペイすリボに登録を済ませておいてください。

その上で、10万円の利用をしている場合、支払日前に(これ重要です)

支払い金額の増額を行い、残金が1,000円以上残るように設定します。

10万円の場合は99,000円を支払い、1,000円だけ支払いを残します。

サポートデスクに電話してやってもらうと簡単ですぐにできるのでおすすめです。

(毎月、忘れないように手帳にその日を書き込んでおきましょう)

 

全額を支払ってしまうとリボ払いが成立しないので、

ボーナスポイントがもらえませんが、

こうすることで1,000円分の金利(12円程度)だけを支払い、

リボ払いが成立するのでボーナスポイントを得ることができます。

 

私の知人で陸マイラーをしているかたは、100円だけをいつも残すと言っていました。

つまり金利を1円だけ支払い、ボーナスマイルをもらっているのです。

いちおボーナスマイルはもらえていると言っていました。

(ここまで来ると玄人ですね。)

 

1円でもいいから金利が発生すれば、

このボーナスポイントをもらうことができます。

ただ、1,000円を残していても12円程度の金利ですので、

ちょっと恥ずかしい方は、

「1,000円だけ残して支払いお願いします。」と伝えるといいかもしれません。

 

さらに還元率を上げたい方は、、、

さて、ここでさらに還元率をあげたいかたは、

マイ・ペイすリボでもらったポイントを、

ソラチカルートにのせてANAマイルに移行してください。

 

こうすることで、もらったボーナスマイルを最大限に活用することができます。

このボーナスマイルはワールドプレゼントポイントというポイントでもらえます。

 

このポイントは1ポイント=3マイルで交換可能なのですが、

もうひと手間かけソラチカルートを使うと1ポイント=4.05マイルで移行することができます。

ソラチカカードが必要になりますので、

ソラチカカードをもっていないかたはこちらの記事を読み発行してみてください。

(2019年12月27日でこのルートは終了となります。)

 

ソラチカカード がお得なポイントサイトと入会キャンペーン、マイ友紹介【12月】で44,100マイル以上貯めるお得な申込方法

ANAカード入会時のボーナスマイル、継続ボーナスマイルが10,000マイル!!

 

入会時:10,000マイル

継続時:10,000マイル

 

このANA VISAプラチナ プレミアムはなんと入会時のボーナスマイルが10,000マイル、

そして継続時にも10,000マイルのボーナスマイルがつきます。

スタンダードカードですと、ボーナスマイルは1,000マイル分なので、

新規入会・継続だけで一般カードよりも10倍多くマイルが貯まります!!

 

さらにANA VISA プラチナ プラミアムカード申込みでマイルをお得に貯めるには?

 

「マイ友プログラム」というものを活用することで、

さらに入会時にボーナスマイルをもらうことができます。

 

①マイ友プログラムに申し込みをしてからカードをつくる(5,500マイルゲット)

ボーナスポイント(マイル)を最大限にもらうには、

ANAカードが開催している「マイ友プログラム」のキャンペーンを最大限に活用します。

 

 

 

1、マイ友プログラムの申込みページへ移動

新規の入会ボーナスマイルに加え、

本サイトからANA VISAプラチナプレミアムを申し込むと、

5,500マイルのマイ友ボーナスマイルがもらえます。

 

ANA VISAプラチナプレミアムカードを申し込んで、

マイ友プログラム入会ボーナスマイルをもらうには、まずはこちらのページへ進みます。

 

>>マイ友プログラムページに移動する

 

2,紹介者の名前と紹介者番号を記入する

紹介者情報を入力する欄が表示されますので、下の通り「紹介者氏名(マツムラテルミ)」「8桁の紹介番号(00071786)」を入力します。

 

 

登録者情報にあなたの「名前」と「生年月日」を入力します。

ボーナスマイルを受け取るために、

必ず紹介者情報(私)と申込者情報(あなた)を

ANAにお知らせする必要がありますのでご注意くださいね。

 

3,ANA VISAプラチナプレミアムカードを申し込む

「マイ友プログラム」に申し込んだあとに表示されてでてくる画面の左下のボタン「ANAカードに入会の方はこちら」をクリックする。

 

ここにANAカードが25種類ほど表示されてきますので、

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」の「お申し込みボタン」をクリックして申し込みます。

 

 

必ず「マイ友プログラム」に登録してから、

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」の申し込みをしてください。

逆で申し込んだ場合はボーナスマイルがもらえません。

 

こちらは、ANAカードをこれから新規発行する方のみ対象です。

すでにANAカードをお持ちの方はこのプログラムは使えません。

退会後6ヶ月を経過していてかつ過去にマイ友プログラムを1度も利用していない場合には、適用となります。

詳しくはANAカードのカスタマーサービスにご確認ください)

 

紹介者と入会者が同一人物、

つまり自分で自分を紹介した場合にはマイ友プログラムのボーナスは対象外です。

 

② 入会ボーナスマイルをもらう(10,000マイルゲット)

 

上記に書きましたように、

ANA VISAプラチナ プレミアムは入会時のボーナスマイルが10,000マイル、

そして継続時にも10,000マイルのボーナスマイルがもらえます。

マイ友プログラムと合わせると入会時だけで15,500マイルが貯まります。

 

ANAグループ便搭乗でボーナスマイルあり!!

飛行機にも乗りながらマイレージを貯める方には、

とてもいい条件です。

通常のフライトマイルに加え、

区間基本マイレージの区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%が積算されます。

 

ANA国内空港ラウンジサービスが使える!!

 

ANAラウンジの無料利用権

 

ANA VISAプラチナ プレミアムカード会員は、

ANAグループ便を利用する際、搭乗時刻まで各国内空港(国内線ターミナル)内にある

ANAのラウンジでくつろぐことができます。

 

通常、「ANAラウンジ」はANAの上級会員の資格があるか、

プレミアムクラス搭乗時でないと入室できないラウンジです。

本人のみの使用になりますが、無料で使うことができます。

アルコールを含む無料のドリンクも充実し、

電源やWi-Fiの設備も完備していて、

搭乗開始のギリギリまでくつろぐことが可能です。

早めに空港に到着しゆったりとくつろいだり、仕事をすることができます。

 

 

成田空港のANAラウンジです。

中にはいると、お食事ができたり、

生ビール、お酒、ドリンク類なども自由に飲むことができますので、

搭乗までの間、ゆっくりと過ごすことができます。

 

 

ANA航空券を購入でマイルが2倍!!

 

ANAカードマイルプラス提携店のうち、

ANA航空券や機内販売などを使う際には、

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」で支払いをすると、

100円につき1マイルが自動積算されるところ、100円につき2マイルが自動積算されます。

 

通常一般カードですと、100円で1マイル貯まるところが、

一気に100円で1.5マイルプラス2マイルの3.5マイル貯めれるようになります。

100円で3.5マイル!!通常の3.5倍の数字のマイルを貯めることができます!!

 

飛行機でマイルを貯めている方にとっては、

年会費ぐらいはペイできてしまうような内容です。

他のプラチナカードに比べ年会費が安くプラチナカードの特権を得ることができるのも

嬉しいカードです。

 

ANA  VISAプラチナ プレミアムカードの年会費は?

 

本会員 80,000円+税

家族会員 4,000円+税

 

ANA  VISAプラチナ プレミアムカードの年会費ですが、

他のプレミアムカードに比べるとお得感があります。

 

ANAダイナースプレミアムカードは年会費が155,000円+税ですが、

ANA  VISAプラチナ プレミアムカードはほぼ半額の80,000円+税です。

 

ANA  VISAプラチナ プレミアムカードは、

上記にあげた飛行機に乗るのにお得なサービス以外にも、

旅行の際に航空券やホテルなどを手配してくれるコンシェルジュサービスや

カード付帯保険サービス、

ホテルの優待割引サービス、

一流レストランでの利用2名以上のコース料理の時は1名分が無料となるクーポンがつくなど、

お得なサービス満載です。

 

・普段から出張で飛行機をよく利用する個人経営者

・結婚記念日には、一流レストランでお祝いをするカップルや夫婦の方

・出張や旅行の手配を任せ、その分自分は仕事をしてしまいたいビジネスパーソン

 

などの方には、年会費をゆうに凌駕するコストパフォーマンスの良いカードです。

 

プラチナ プレミアムの響き通りANA VISA プラチナ プレミアムカードの特典を使いこなすには?

やっぱり使ってみたいコンシェルジュサービス(365日24時間対応)

ANA VISAプラチナ プレミアムカードにもコンシェルジュサービスがついています。

365日24時間対応で、おすすめのホテルやお店など聞くことができます。

取引先の方の好みや嗜好をお伝え下さい。

また予約やチケットが困難なイベントやコンサートなどをコンシェルジュに相談してみると、

入手できることがあります。

 

プライオリティパスのプレステージ会員($399=約44,000円)が無料で発行できる!

 

 

世界130カ国以上、空港ラウンジ1,000か所以上を利用できる

プライオリティパス会員の

プライオリティパスのプレステージ会員($429=約46,000円)が無料で発行可能です。

プレステージの権利を獲得できるというのがものすごくお得です。

 

家族カードも、もちろん無料で発行できますので、

プライオリティパス プレステージ会員を2名分無料になるだけで、

年会費分がほぼ回収できてしまうという使わなければ、もったいなさすぎる特典です。

 

 

プレステージがあると、

海外にあるラウンジもたくさん使えますので、

ラウンジ巡りもできます。

 

私自身は、プレステージのプライオリティーパスを

もっているときに、

たくさんのラウンジ巡りをしました。

 

遊園地の年間パスポートのように

プライオリティーパスラウンジが

使えるので、外食などせずにラウンジを使えるので、

とてもよかったです。

 

韓国の仁川国際空港

 

 

広々としています。

 

 

お酒類もたくさん置いてあります。

 

 

韓国っぽいお食事をチョイスしてみました。

 

台湾の国際空港では、

 

 

ちょっと中華っぽいですよね。

 

 

タイのラウンジでは、

 

 

タイチョイスで朝食をいただきました。

 

 

 

国際線ビジネスクラス用チェックインカウンターが使える!

 

ANA国際線エコノミークラスの利用の際にも

ビジネスクラス専用チェックインカウンターを利用できます。

並び時間が少なく、余裕でチェックインができます。

国際線に乗ったことがあればわかるかと思いますが、

エコノミークラスのチェックインカウンターというのはとても混雑するものです。

余裕を持って2時間前に到着して並んでも、1時間以上かかってしまうこともあります。

 

しかし、ビジネスクラスのカウンターは、いつでも待ち時間なしで空いてることがほとんどです。

なぜならこのカウンターは、ビジネスクラス搭乗の人か上級会員しか利用できないからです。

 

ビジネスクラスカウンターでスムーズにチェックインすることにより、

お土産を購入したりラウンジでくつろいだりなど、

時間を有効に使うことができるようになります。

 

貯めたマイルをANA SKY コインに交換することができる。

 

ANAマイルで予約ができるのは、

ANAグループ(国際線はスターアライアンスグループ便)の航空券となります。

 

SKYコインは、1コイン=1円の価値として、ANAの航空券の購入や、

パックツアー等の購入代金に当てることができ、とても便利に使うことができます。

 

実は、このANAスカイコインは、ANAマイルから交換することができます。

 

下記の表のように、ANAマイレージクラブの一般会員ですと、

マイルからの交換レートが1.0〜1.2倍と単価がよくないのですが、

ANAカード プレミアムを所持していると

1.6倍のSKYコインに交換することが可能です。

 

 

私も何回かマイルをスカイコインに交換して、

飛行機のチケットを購入したりツアーに申し込みをしました。

(これですと、サーチャージや税などもこれで支払うことできるので、

完全に0円で旅行ができます。)

 

子どもとUSJに行ったのですが、

スカイコインのおかげでホテル代金も飛行機代金も全て無料です!!

10,2100円分の飛行機・宿泊代金が全て無料です。

 

窓の外は、飛行機が見えるというホテルにも無料で

宿泊することもできました。

 

 

こちらの記事にまとめていますので、

スカイコインの使い方の参考に読んでみてください。

母息子のとても思い出に残る素敵な旅行ができました。

 

USJ!オフィシャルホテルも含めた無料ツアー計画!小学生の子どもと一緒に

 

他にもANAマイルを貯めて、こんなにたくさんのことを

経験することができました。

 

ANAマイルを貯めて経験できたこと

 

ANAマイルを貯めたことにより、

いろいろな経験をしてこれました。

 

マイルの使い方として参考にしてみてください。

 

家族で国内(北海道、沖縄、福岡)などの国内旅行に、

家族全員0円で行くことができたり、

 

家族旅行で沖縄・北海道・福岡へ!飛行機代・レンタカー代がタダの無料旅行を実現

 

ハワイでのんびりと夏休みを過ごしたり、

 

ハワイ旅行ホノルル・マウイ島へマイルで航空券が無料に7日間ののんびり夏休み

 

人生で初めてのビジネスクラスに乗ってみたり、

 

【韓国旅行 ブログ】ANAマイルで航空券ビジネスクラスの21万円が無料に!

 

 

ついには、夢のファーストクラスを母親にプレゼントし、

一緒に旅行することができました。

初のファーストクラスはタイ航空 A380 特典航空券のマイルで搭乗した体験記

ハワイまでマイルでファーストクラス【2019年最新】ANA A380 のチケットをとっちゃいました

 

付帯している保険

 

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険がどちらも自動付帯で

高額の補償がついていますので、旅行好きの方にはとてもお得な特典ですね!

 

ショッピング保険

ANA VISA プラチナ プレミアム カードで購入した商品の損害を補償してくれる「お買い物安心保険」が付帯しています。

補償額は年間500万円までですので、十分かと思われます。

もしそれ以上の損害の場合は、3,000円の自己負担で保険金をもらうことができます。

 

年間500万円まであれば、日常おおかたの買い物はカバーできると思います。

補償対象になるのは、購入日及び購入日の翌日から90日間です。

一括払い、リボ払いや分割払い全ての購入で適用になります。

安心してショッピングをお楽しみください。

 

海外旅行傷害保険(自動付帯)

海外旅行傷害保険は、自動付帯ですので旅行代金をカードで決済しなくても適用されます。

保険担保項目 本人・家族会員 家族特約
傷害死亡・後遺傷害 最高1億円 最高1,000万円
傷害・治療費用(1事故限度) 500万円 500万円
疾病治療費用(1疾病限度) 500万円 500万円
賠償責任(1事故の限度額) 1億円 1億円
携行品損害(自己負担:3,000円) 100万円 100万円
救援者費用(1年間の限度) 1,000万円 1,000万円

 

国内旅行保険(自動付帯)

保険担保項目 本人・家族会員
傷害死亡・後遺傷害 最高1億円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 最高20万円

海外・国内航空便遅延保険(利用付帯)

遅延に関しては、利用付帯となっています。

保険担保項目 本人・家族会員
乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 1万円
手荷物遅延費用 1万円
手荷物紛失費用 2万円

 

ANA VISAプラチナ プレミアムカードについてのまとめ

 

プラチナプレミアムカードの割には、

年会費が他のプレミアムカードよりもリーゾナブルですが、

付帯されている特典・サービスも多くお得なカードだと思います。

 

主な特典は、

・新規入会のボーナスを含め、15,500マイル相当を受け取ることができる

・マイル還元率が驚異の最大1.9%!!

・プライオリティパス プレステージ会員が無料

・ANAラウンジの利用が可能

・エコノミークラスの利用でもビジネスクラス用チェックインカウンターが利用できる

・国内・海外旅行保険の補償が手厚い

・お買い物安心保険がついている

 

新規入会で15,500マイルを受け取るには、

カードを発行する前に、「マイ友プログラム」の申し込みが必須です。

 

これをすることによって、入会ボーナスマイル10,000マイルと、

「マイ友プログラム」ボーナスマイル5,500マイルの合わせて15,500マイルの受け取りが可能となります。

 

>>マイ友プログラムページに移動する

 

紹介者氏名:マツムラテルミ

紹介者番号:00071786

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

私自身は、陸マイラーなのですが、

日々さまざまな方法でマイルを貯めることをしていったら、

たくさんのマイルを貯めることができました。

詳しくは、「無料のマイル講座」でお伝えしています。

 

ANAマイル実績 568,682マイル

 

 

私が1年間でマイルを急速に貯めた「5つの方法」を完全に無料でお伝えしていますので、

よかったらマイル講座にも登録してみてくださいね。

5つの方法を使って」初心者でも最速で、

マイルの貯まる方法やお得なポイントサイトの使い方を紹介しています。

 

ライター紹介 ライター一覧

テル

テル

2017年11月から本格的にマイルを貯めはじめました。この1年で貯まったマイルは67万マイルほど。独身時代には海外のひとつも行ったことがなかったのに、子ども3人を子育て中の私が毎年ハワイやバリ島、そしてアジアの国々を訪れることができたのは家族とマイルのおかげ。主婦でもできた飛行機に乗らずに「年間10万マイル貯める方法」を無料のメール講座でお伝えしています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

  • 【台湾旅行 ブログ】格安ツアーよりも安く無料で航空券を手に入れる方法とおすすめのスポット10選

  • 【韓国旅行 ブログ】ANAマイルで航空券ビジネスクラスの21万円が無料に!

  • シンガポールへの必要マイル数は?ANA国際線特典航空券を利用して。

  • 【ANAマイ友プログラム】紹介番号登録でANA入会ボーナスマイルを獲得!!最大5,500マイル!!

  • オリコカード・ザ・ポイントお得なポイントサイトとキャンペーンは?【12月】特典、メリットを徹底解説!

  • 韓国へ飛行機ビジネスクラスをANAマイルで往復無料<成田・仁川・福岡空港>