1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード、マイルの貯め方、ポイント移行、還元率を解説!ソラチカルート閉鎖後対策に対応!!

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード、マイルの貯め方、ポイント移行、還元率を解説!ソラチカルート閉鎖後対策に対応!!

 

飛行機に乗らずともマイルを貯める陸マイラーにとって必須のクレジットカード、

それは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」と呼ばれるものです。

 

ソラチカルート封鎖後の「ソラチカカード」に変わるスペシャルなカードとなります。

このカードがないとマイルが思うようには貯まりません!!

 

「陸マイラー目指したいんだけど、私の使っているカード利用額じゃ貯まらないよな。」

「そもそも飛行機乗らないからマイル貯まらないし」

 

と思われている方は、この「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の威力を知って下さいね。

 

クレジットカード決済が月間5万円の方でも大量マイルが貯まる!

 

この「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」があるおかげで

「月に5万円のクレジットカード決済」の方でも、

年間10万マイル以上のマイルを貯めることが可能になってきます。

 

(人によっては、120万マイル貯めることも可能ですが、

ちょっとそれは難しいと思います。)

 

そんな威力のあるカードなのです。

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは陸マイラーにとっては、まず揃えるべき1枚目のカード

 

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は、

陸マイラーにとっては必須の1枚として、広くANAマイラーに知られています。

なぜ、このカードが陸マイラーにとって必須の1枚なのでしょうか?

 

ANAマイルへの交換レートが最強の75%!

陸マイラーにとって持つべき理由

 

多くの陸マイラーさんは、なぜ「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」」が、

陸マイラーにとって必須なのかは、すでにご存知のことと思います。

 

ここでは、まだ「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」

「TOKYUルート」を知らない方のために

 

・「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」はなぜ陸マイラーが持つべき1枚なのか?

・「TOKYUルート」と呼ばれるものはなに?

・「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」」で、

貯めたポイントを最大75%の還元率でANAマイルに移行する方法

 

を解説していきます。

 

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」はなぜ陸マイラーが持つべき1枚なのか?

 

それでは、陸マイラーにとって

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を

必ず持つべき最大の理由はなんでしょう?

 

ANAマイルを貯める方法ですが、

・買い物をしてクレジットカードのポイントを貯めてANAマイルに交換する

ポイントサイトでポイントを貯めて、ANAマイルに交換する

・飛行機に乗ってANAマイルを貯める

 

と大きくは3つありますが、

この中で「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は、

 

他のポイントサイトからANAマイルに交換する際のレートが75%とめっちゃくちゃ高いからなのです!!

上手く使うと無料でANAマイルがどんどん貯まっていくのですね。

 

「TOKYUルート」とは何?

 

TOKYUルートとは、陸でマイルを貯める「陸マイラー」の間で

とても有名な超がつくほどお得なポイントの移行ルートのことです。

 

このTOKYUルートを使うと、「TOKYUポイント」を「ANAマイル」に

75%という高いレートでポイントの移行ができるのです。

 

 

モッピー(ポイントサイト)からANAマイルに変える場合

 

ポイントサイトモッピーはハピタスに続き、

有名なポイントサイトですが、

ここで貯めたポイントも、

ANAマイルに移行することができます。

 

手順としてはこのようにポイントサイトを経由させながら移行していきます。

 

モッピー → .money (ドットマネー)→ TOKYUポイント → ANAマイル

 

モッピーが人気の理由は、マスコットの可愛さもありますが(ある?)

1ポイント=1円で交換でき、300円から換金できる便利さからですね。

今流行りの「ポイ活」にもよく使われます。

 

現在会員数も600万人を超え、ちょっとした副業やお小遣い稼ぎにも使われています。

ゲームをするとポイントがもらえたりと、遊び心のある楽しいポイントサイトです。

こんな感じのかわいいサイトです。クリックすると無料登録でき、

どんなポイントがもらえるのか見ることができます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

>>> モッピーでマイルをザクザク貯める

 

ハピタス(ポイントサイト)からANAマイルに変える場合

同じようにポイントサイト「ハピタス」で貯めたポイントも

下記のルートでANAマイルに変えることができます。

 

ハピタス → .money (ドットマネー)→ TOKYUポイント → ANAマイル

 

ハピタスは、私自身も一番長く使っているポイントサイトです。

今まで多くのクレジットカードを申込みましたが、

しっかりとポイントも獲得でき、使い勝手がいいです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

>>> ハピタスでマイルをザクザク貯める

 

ドットマネーに交換できるポイントサイトは?

 

ドットマネーへの直接交換に対応しているポイントサイトは、

 

  • ハピタス
  • モッピー
  • Get money
  • げん玉
  • ポイントインカム
  • ちょびリッチ
  • すぐたま

 

などが対応ポイントサイトです。

主要なポイントサイトは、全て対応してくれていますね。

 

Gポイントは、一旦モッピー、ハピタスなどに交換してから、

上記のように使うことができます。

 

TOKYUルートはそんなにスゴイのか?!

 

それでは75%の還元率という

このTOKYUルートはそんなにすごいものなのでしょうか?

他のルートと比べてみましょう。

 

TOKYUルートを楽天やTポイントと比較

 

例えば、楽天ポイントやTポイントを

ANAマイルに交換する場合には「2ポイント→1マイル」の交換レートです。

 

 

つまり、マイルへのポイント交換は50%の交換率であることが普通なのです。

これが75%まで交換可能ということで陸マイラーの間では、

必ず持つべき1枚なのですね。

 

もし仮に10万ポイントを持っているとすると、

それが、75,000マイルとなるのですから、

ものすごくマイルが貯まりやすいです。

 

75,000マイルをクレジットカードを使った

お買い物決済のポイントで貯めようと思ったら、

750万円の決済をしないと貯めることができません。

気が遠くなるような話ですね。

 

ポイントサイトを活用すれば、

これだけのマイル数をほぼ無料で貯めていくことができます。

 

ポイントサイトでポイントをどのように貯めていくのか?

どんな貯め方があるのか?様々な貯め方を知りたい!!という方は、

 

マイル基礎講座」の中でポイントを貯める例もお伝えしていますので、

下記をクリックしてみてください。もちろん無料です。

 

 

月間の交換上限が10万ポイント

 

実は、このルートの前に陸マイラーの間で主流になっていたのは、

「ソラチカルート」というものですが、

2019年12月27日を持って、このソラチカルートは終了する予定です。

 

そのために多くの陸マイラーさんたちは、

こちらの「TOKYUルート」を使いはじめているのですが、

今までの「ソラチカルート」では、月間に16,200マイルまでの

上限がありましたが、

 

このTOKYUルートの上限は月間75,000マイルまで可能です。

 

ドットマネーからTOKYU POINTへの月間上限が100、000ポイントになります。

TOKYUポイントからANAマイルへの上限はないので、

月間10万ポイントまで移行が可能ですので、

月間で最大75,000マイルの獲得が可能になります。

 

つまり、上記のポイントサイトで貯めたポイントは、

ほとんどが、ANAマイルに交換可能になります。

 

もし仮に年間で20万マイル貯めることができたとして、

年間20万マイルあると、

どんなことができるのでしょうか?

 

年間20万マイルあるとマイルではなにができるの?

 

この年間20万マイルという価値を考えてみましょう。

まず、お買い物でクレジットカードを使ってマイルを貯めた場合と比べてですが、

 

100円で1マイル貯まるカードの場合はこのようになります。

100円で1マイル

1,000円で10マイル

10,000円で100マイル

100,000円で1,000マイル

1,000,000円で10,000マイル

ですね。

 

20万マイルをクレジットカードでの買い物ポイントで貯めようと思ったら、

2,000万円使わないと貯まらないことになります。

 

こんなのは、ほとんどの方は無理(私も無理です!!!)だと思いますので、

これではマイルを貯める気がなくなってしまいますね。

次にマイルでできることを見ていきたいと思います。

 

上の図は、日本からハワイ、北米、欧州へ行くのに必要なマイル数です。

Yがエコノミークラス、Cがビジネスクラス、Fがファーストクラスを表しています。

Lはローシーズン、Rはレギュラーシーズン、Hはハイシーズンのことです。

 

例えば、レギュラーシーズンにハワイへの特典航空券と交換しようとすると、

40,000マイルが必要になります。40,000マイルあればハワイまで行けてしまうのですね!!

 

20万マイルあれば、ハワイに5回ぐらい行けちゃいますね。

5人家族なら家族で行くことも可能です。

他にもビジネスクラスへは、ニューヨークまで2回!

ファーストクラスであってもニューヨークまで1回!

乗ることが可能になってきます。

 

 

ビジネスクラスって、普通この距離ですと80万円ぐらいかかり、

ファーストクラスですと、200万円ぐらいの支払いが必要です。

 

その分がこのTOKYUルートで貯まるって、

私ははじめ信じられませんでした。。。

だけど、本当にそんなことが可能なので、

フツーの主婦の私でもビジネスクラスに乗ることができたのです。

 

それでは、次にこのTOKYUルートに必要なものを紹介します。

 

TOKYUルートに必要なもの

ドットマネーの開設

まずは、今までのソラチカルートになかったポイントサイトの

ドットマネーの登録をします。

 

>>>ドットマネー新規登録はこちら

 

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

 

 

TOKYU POINTも扱えるクレジットカードは、

多数ありますがANAマイルへ交換する場合に高還元率なのは、

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスタカード」

が必要となります。

 

年会費:本会員 2,000円+税(初年度無料)

家族カード 1,000円+税(初年度無料)

ボーナスマイル:入会時 1,000マイル

搭乗時 区間基本マイレージ✕クラス・運賃倍率10%

ポイント移行: 5マイルコース  1,000円=1ポイント=5マイル(無料)

10マイルコース  1,000円=1ポイント=10マイル (移行手数料6,000円+税)

 

5つのサービス(機能)がひとつになっています。

 

・ANAマイレージクラブ

・TOKYU POINT

・PASMO

・定期券

・クレジットカード(三井住友カード)

 

 

初年度の年会費は無料ですし、

2,000円と税金分だけの年会費と1回使用するだけで、

カードを更新するたびに1,000マイルもらうことができます。

 

1,000マイルと言えば、

還元率1%のクレジットカードで10万円分の決済をして、もらえるポイント数です。

 

最もお得な申込み方法は?

 

現在はポイントサイト経由などはありませんので、

「マイ友プログラム」を使うのがもっともお得な申込み方法となります。

500マイルのボーナスマイルをもらうことができます。

 

 

「マイ友プログラム」は一生で一度しかご利用することができません。

過去に他のANAカードでご利用されている場合は、利用することができません。

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを申し込む前に「マイ友プログラム」に登録する。

マイ友プログラム入会ボーナスマイルをもらうには、まずはこちらのページに進みます。

>>マイ友プログラムページに移動する

 

②紹介者の名前と紹介者番号を入力する

紹介者情報を入力する欄が表示されますので、下の通り

「紹介者氏名(マツムラテルミ)」「8桁の紹介番号(00071786)」を入力します。

 

 

 

登録者情報にあなたの「名前」と「生年月日」を入力します。

 

③  ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスタカード申し込む

「マイ友プログラム」への登録が完了しましたら、

ANAの公式サイトよりANA 「TOKYU POINT ClubQ PASMO マスタカード」をお申し込みして完了となります。

 

マイルを貯めたい方にとっては、必須の1枚ですので、

ぜひ発行してみてくださいね。

 

また今までの「ソラチカルート」で使っていた

「ソラチカカード」ですが、

私は、しばらくの間保有しておきます。

 

もしまた何か「ソラチカカード」を使った「ルート」ができたときに、

持っておきたいからです。

 

まとめ

・TOKYUルートでマイルが爆発的に貯まる

・TOKYUルートには、「TOKYU POINT ClubQ PASMO マスタカード」が必要

・交換ルートが短く、3回の交換でOK!!

・ポイントサイトからANAマイルに交換するまでの期間が短い

・移行上限は、ドットマネーに移すときの10万ポイントだけ。

・「マイ友プログラム」を利用することで、通常よりも500マイル多く獲得することができる

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

私自身は、陸マイラーなのですが、

日々さまざまな方法でマイルを貯めることをしていったら、

たくさんのマイルを貯めることができました。

詳しくは、「無料のマイル講座」でお伝えしています。

 

ANAマイル実績 568,682マイル

 

 

私が1年間でマイルを急速に貯めた「5つの方法」を完全に無料でお伝えしていますので、

よかったらマイル講座にも登録してみてくださいね。

5つの方法を使って」初心者でも最速で、

マイルの貯まる方法やお得なポイントサイトの使い方を紹介しています。

ライター紹介 ライター一覧

テル

テル

2017年11月から本格的にマイルを貯めはじめました。この1年で貯まったマイルは67万マイルほど。独身時代には海外のひとつも行ったことがなかったのに、子ども3人を子育て中の私が毎年ハワイやバリ島、そしてアジアの国々を訪れることができたのは家族とマイルのおかげ。主婦でもできた飛行機に乗らずに「年間10万マイル貯める方法」を無料のメール講座でお伝えしています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

  • 【執筆中】マリオットボンヴォイ(MB)アメックスがお得なポイントサイトは?【12月】 ポイントキャンペーンのメリットと特典

  • 東京プリンスホテル クラブラウンジ レストラン朝食全て無料で宿泊しちゃいました!!

  • ECナビとは?ポイントとマイルのお得な貯め方・使い方・交換までおすすめの案件紹介

  • スカイトラベラー プレミア アメックス 入会 キャンペーンで20,000マイル【12月】5倍ポイントなどお得なメリット、特典が豊富!!

  • 成田空港のANAラウンジ、ANAスイートラウンジはカードラウンジとは別格!【体験談あり】

  • プチ稼ぎ メルカリ販売 主婦でもできた簡単おすすめ!買い物品や お土産を出品