1. TOP
  2. ホテル滞在記
  3. 2022 ザ・リッツカールトン東京のクラブラウンジの追加料金は? アフタヌーンティーから朝食まで体験レビューも紹介【写真付き】

2022 ザ・リッツカールトン東京のクラブラウンジの追加料金は? アフタヌーンティーから朝食まで体験レビューも紹介【写真付き】

東京六本木にある「ザ・リッツ・カールトン東京」。

「最高のおもてなし」「ホスピタリティーの高さ」で世界的にも有名な5つ星ホテルです。

そんな「ザ・リッツ・カールトン東京」のクラブラウンジを体験してみたく、クラブフロアに宿泊してきました。

クラブフロアの宿泊にはクラブラウンジアクセスがついています。追加料金や体験レビューについてまとめてみました。

クラブラウンジで提供されるお料理やドリンク、そしてアフタヌーンティーはとても素晴らしくお腹も心も満たされました。

そして東京六本木のミッドタウン・タワーの53階にある「この特別な空間」での落ち着いた高級な雰囲気や時間ごとに移り変わる東京の景色を眺めながら過ごす時間は格別でした。

また今回はポイント宿泊でしたのでお得なキャンペーンとポイントでの宿泊についてもご紹介しますね。

テル
テル
クラブラウンジの追加料金についてもまとめてみました。せっかく宿泊するのでしたらクラブフロアへの宿泊はおススメです。

ザ・リッツ・カールトン東京のクラブラウンジの追加料金は?

クラブラウンジを利用するには、通常「クラブラウンジへのアクセス」のあるお部屋の予約が必要です。

マリオットボンヴォイのポイントで宿泊をする場合にも同じように「クラブラウンジへのアクセス」のあるお部屋の予約が必要です。

ですが、リッツカールトン東京に問い合わせたところ、通常のお部屋でも追加料金をお支払すれば「クラブラウンジ」を利用することが可能だそうです。

クラブラウンジ利用の場合の追加料金

月曜日~木曜日(平日の場合)通常のお部屋料金に2万円+税の追加料金

金曜日~日曜日(祝日も含む)通常のお部屋料金に3万円+税の追加料金

(当日のクラブラウンジの混雑状況によっては受付できない場合もあり)

当日の状況によっては、利用できないこともあるそうですのでご注意ください。

またビジターの方が利用するには、各プレゼンテーションごとに6,500円+税が必要とのことです。

つまり5回のプレゼンテーションを利用する場合には6,500円+税×5回で32,500円+税が必要ですね。

クラブラウンジを利用した場合のメリット

クラブラウンジを利用してみて、私なりにメリットをまとめてみました。

クラブラウンジのメリット
  • 1日5回の逸脱なフードプレゼンテーションをじっくりと味わえる
  • アフタヌーンティーがお洒落で可愛く女性は大喜び
  • 53階から眺める東京が特別感を演出してくれる
  • 軽食や朝食、そしてドリンクも心ゆくまで楽しめる
  • ザ・リッツ・カールトンの5つ星のサービス、おもてなしを味わえる

リッツカールトン東京のクラブラウンジでは1日に5回のフード・プレゼンテーションが実施されています。

しかもすべての回のレベルが高いです。

マリオット系列の他のホテルでは、アルコール類は夜の「カクテルタイム」だけというところがほとんどですが、リッツカールトン東京では朝でも昼でも夜でもすべての時間においてアルコール類の提供がされています。

お酒好き、お酒を楽しみたい方には絶好のクラブラウンジです。

地ビールや白ワイン、赤ワインなど複数のワインやシャンパンが取り揃えてあります。

1日に5回のフードプレゼンテーションの内容を紹介

5回のフードプレゼンテーションと時間帯は次の通りです。

種類 時間帯
朝食 7:00~10:30
軽食 11:30~13:30
アフタヌーンティー 14:30~16:30
ディナー前のオードブル 17:30~19:30
スイーツ&コーディアル 20:00~22:00

各回30分から1時間のみ中に入れない時間帯もありますが、ほとんどの時間をクラブラウンジで過ごすこともできます。

ザ・リッツ・カールトン東京のクラブラウンジ体験レビュー

東京リッツカールトンの53階までエレベーターで上がるとそこにクラブラウンジがあります。

中に入っていくと落ち着いた空間が広がっています。

東京リッツカールトンのクラブラウンジは縦長になっており、どの席からも外が見えるように工夫して設計されているようです。

このクラブラウンジのゆったりとした雰囲気がとても心地よかったです。

スタッフさんも名前で呼んでくださりテーブルを気にかけてくれていますので5つ星ホテルのサービスを味わうことができます。

コロナ禍ということもあったからなのか、ドリンクなども声をかければテーブルまで運んでいただけました。

アフタヌーンティー:可愛すぎるプレートに女性は大喜び

チェックイン後まずは、楽しみなアフタヌーンティーからの提供です。

写真は2人分です。12月に入った頃でしたのでクリスマスを彩った盛り付けになっています。

どれも美味しすぎで、舌鼓を打ってしまいました。

可愛さももちろんなのですが、一口一口食べるごとに口の中に広がる美味しさに幸せを感じました。

またドリンクも充実のラインナップです。いつでもオーダーできます。

コーヒー ザ・リッツカールトン東京オリジナルブレンド

カフェラテ、カプチーノ、エスプレッソ

ティーセレクション ザ・リッツカールトン東京スペシャルブレンド

ビューティフルハーブス

ブーケロワイヤル

カモミール&アップル

ダージリン

フルーツ&ハニールイボス

ストロベリー&シャンパーニュ

宇治やぶきた

ジュース アップル、グレープフルーツ、オレンジ、トマト
ソフトドリンク ペプシコーラ、ジンジャエール、烏龍茶、アイスティー、サンペレグリノペリエ
日本酒 純米大吟醸 ひのきざか
スパークリング 獺祭 純米吟醸 スパークリング45

デュク・ドゥ・モンターニュ(ノンアルコール)ベルギー

赤ワイン シャトー・メルシャン 藍茜2017,日本

アンリ ブルゴーニュ・ピノ・ルノワール 2017 フランス

マエストラ ドルチェット ドリアーニ 2017、イタリア

白ワイン シャトー・メルシャン 萌黄 2018、日本

コルテ・アダミ ソアーヴェ、イタリア

アンリ ブルゴーニュ・シャルドネ 2016、フランス

お茶と茶菓子でいただくこともできますし、昼間からワインを飲みながらリッチな時間を過ごすこともできますね。

私は「ザ・リッツカールトン東京スペシャルブレンド」をいただきました。

ひとつづつ食べていくのが楽しくて、楽しくて。

食べきってしまうとお腹はいっぱいなのですが、この美味しさが終わりかと思うとちょっとさびしい気持ちにも。。

ディナー前のオードブル:お洒落で美味しい(おつまみにするなら十分)

こちらがオードブルになります。6皿分運ばれてきました。

アフタヌーンティーをいただいたばかりでしたので、これぐらいがちょうどいい量でした。

お酒を飲まれる方ならおつまみに十分だと思いますよ。

アルコール類もいつでも自由にとりにいけますし、近くにいるスタッフの方にオーダーもできます。

私はスタッフの方にお勧めいただき、大好きな赤ワインを3種類をいただきました。

日本酒も飲み、東京の夜景を楽しみ会話も盛りがりました。

スイーツ&コーディアル:軽めのスイーツとおつまみです

「またこちらにいらっしゃるのなら今の時間に一緒に食べていかれますか?」とのお声がけにこの「スイーツ&コーディアル」の時間帯にはいかずに、ディナー前のオードブルと一緒にいただきました。

スイーツもいただいたのですが、いい具合に酔いがまわりいい気分過ぎて写真を撮るのを忘れてしまってました。。。

それぐらい「気持ちよく過ごせます。」ということで。(笑)

朝食:器が素敵です。卵料理と日本料理の2種

こちらが朝食メニューです。朝食は2種類のメニューから選べます。

下の写真がお料理の入っている器ですが、丸いお重のようになっているんです。

スタッフの方が目の前で順番に開けていってくれて驚きました。3段になっています。

とても素敵な器だったので自分のお家にもほしくなっちゃいました。

蓋をしめると本当にまんまるの球体のお皿で可愛いんです。

<共通メニュー>

  • 季節のカットフルーツの盛り合わせ
  • リーフサラダ、チェリートマト、季節野菜
  • ハムの盛り合わせ
  • スモークサーモン

<選べるメニュー> 卵料理と日本料理から選べます

【卵料理】

  • オムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼きから一つ選択
  • デザート

【日本料理】

  • 焼き魚
  • 卵焼き
  • 冷ややっこ
  • ひじき煮
  • 明太子
  • 香の物 2種
  • ごはん、味噌汁

卵料理は、クラブラウンジ内でお料理をしてくれ、熱々を食べることができます。

オムレツではお好みの具をリクエストし、中に入れてもらうことができます。

フワフワのオムレツです。

またパンやヨーグルトなどは自分で自由にとって食べることができます。

パンやヨーグルトもいただいてもう満腹です。(笑)

そしてこちらは日本料理のメニューです。

一品、一品が味わい深いです。

何度も繰りかえしになってしまいますが、朝からお酒類を飲むこともできます。

私はこのあとお部屋に戻り、プールを堪能しました。

軽食:お昼ごはん並みのボリューム

軽食はこちらです。チェックアウト前にいただきました。

せっかくなので、恵比寿の黒ビールも一緒にいただきました。

昼からビールをゆったりと飲むというのは日常ではないことですので特別感が半端なく格別な気分でした。

プラチナエリート会員特典で、16時までのレイトチェックアウトを使い、もう一度「アフタヌーンティー」を楽しむこともできたのですが、このあとは用事があり軽食をいただき、そうそうにチェックアウトしました。(それでも13時過ぎですが、、)

クラブラウンジの中にはいろいろな席があるので、毎回席を変えてみても雰囲気が変わると思います。

こちらの席は本などもおいてあり他の空間と区切られているのでちょっと個別の空間のようになっています。

夜景が見える席もいいですね。六本木ヒルズも見えます。

個人的には、この本を支えているウサギちゃんが可愛くて。(笑)

ひとつひとつのオブジェや小物もお洒落なので、そんな楽しみも味わえました。

宿泊したお部屋はこちら

東京ミッドタウンの中でのこの広さのお部屋です。

東京が一望できる52階のお部屋で、夜景もとてもきれいでした。

クラブラウンジのすぐ下の階ですので行き来も楽々でした。

洗面台も2つあり広々と使うことができます。

アメニティーは日本のリッツカールトンで使われているハイブランド「Asprey」。めちゃくちゃ香りがよいんですよ。

なんでもイギリス王室のご用達ブランドだそうですね。

ミネラルウォーターやお茶・コーヒーもお部屋でいただけます。(ずっとクラブラウンジを利用していたら必要ないかも知れませんが。。)

ザ・リッツ・カールトン東京宿泊をさらにグレードアップする方法は?

今回の宿泊では、クラブラウンジももちろん利用しましたが他にも「ルームサービス」や「ヒートエクスペリエンス」(温泉みたいな場所)「プール」の無料利用、お部屋のアップグレード、などさまざまな特典を付けていただきました。

出典:リッツカールトン東京公式ページより

プールやスパは写真をとることができなかったので公式ページの写真より引用させていただいてます。

室内プールは7時から22時まで入ることができ、ジェットバスもあります。

水着はレンタルでその場でかりることができますので持参していなくても大丈夫です。

46階にあるプールはめちゃくちゃ眺めがよく、都心にこんなプールがあることに驚きです。

東京の夜景を一望できるプールはなかなかお目にかかれないですね。

お酒を飲まない方ならクラブラウンジでくつろいだあとにプールから夜景を眺めるのもいいですね。

12月に行ったのですが、プールの中はとても暖かく南国のようでした。

プールのあとには「ヒートエクスペリエンス」に。通常は6,380円/ 1日かかるようです。

私は「リッツカールトン東京」も参加ホテルであるマリオットボンヴォイの「プラチナエリート会員特典」ですので、今回の滞在でも上記に挙げた特典を無料で楽しめました。

今回の滞在ではプラチナエリート会員にはこんな特典がありましたよ。

  • 20%レストラン割引(アジュールフォーティーファイブ、ひのきざか、カフェ&デリ、ルームサービス、朝食を除く)
  • 50%ボーナスポイント
  • 1000ポイントのウェルカムギフト
  • 午後4時までのレイトチェックアウト
  • 一つ上のランクへの無料客室アップグレード(チェックイン時の空き室状況に基づく)
  • 46階 ヒートエリア無料
  • 10%ギフトショップ割引(一部を除く)
  • お子さま2名様まで12歳以下のお子様 タワーズにて無料のビュッフェ朝食

*保護者同伴にて。保護者の方は別途料金が発生

こんな内容がプラチナエリート会員特典でした。

プラチナエリート会員になるとマリオット系列のホテルでは「リッツカールトン東京」に関わらず、様々な特典を受けることができますので、その恩恵は大きいです。

無料客室アップグレードでお部屋のランクが一つアップするだけでも数万円分は違ってきますし、4人分のディナーで3万円かかった場合には20%のレストラン割引で6,000円の割引になります。

ホテル利用が多い方はプラチナエリート会員になっておくのはおススメです。

マリオットのプラチナエリート会員の5つの特典・メリットを公開&プラチナエリートになる裏技3選!

またマリオットボンヴォイエリート会員にはこのような特典もついていました。

  • タワーズでの朝食、インルームダイニングでの3,000円分のクレジット(クーポン券のようなもの)
  • SPAにてESPAスパトリートメントの利用で15%の割引を何度でも
  • 季節のフルーツをお部屋に
  • マリオットボンヴォイ500ポイント

マリオットの会員になるとリッツカールトン東京に宿泊するときにもよりよいサービスを受けることができます。

またこちらのマリオットアメックスカードを持っていると自動的にゴールドエリート会員になることができます。

通常は年間25泊必要ですが、25泊しなくてもゴールド会員になれてしまうカードです。

リッツカールトン東京クラブラウンジ付きに49,500円で宿泊する方法

リッツカールトン東京のクラブフロアの宿泊は、だいたい10万円前後する日がほとんどですので49,500円で宿泊できればかなりの割安価格だと思います。

リッツカールトン東京は世界の大手グループ「マリオットボンヴォイ」に加盟しており、マリオットボンヴォイのポイントを貯めるとポイントで無料宿泊することができます。

今ですと、2022年4月25日まではマリオットアメックスプレミアムカードの新規入会キャンペーンをやっており、最大で20万マリオットボンヴォイポイントを獲得することができます。

リッツカールトン東京へは8万ポイント前後から宿泊することができます。

クラブフロアのお部屋はポイントのみで無料宿泊することもできますし、ポイント+3万円での宿泊もできます。

同じ日の価格では10万円を超えていました。

マリオットアメックスプレミアムカードの新規入会キャンペーン条件を満たせるようであれば、最大20万ポイント獲得できます。

年会費は49,500円かかりますが入会キャンペーンポイントでリッツカールトン東京のクラブフロアに無料宿泊することもできますのでかなりお得なキャンペーンではないかと思います。

20万ポイントあると、リッツカールトンやラグジュアリーコレクションなどの4つ星、5つ星ホテルなどの高級ホテルに2~3回宿泊できますし、このポイントをマイルに交換した場合にはハワイまで2往復することも可能です。

ハワイまでの往復は20万円前後することもありますのでかなりのお得感ですね。

その他にも年間のクレジットカードの利用額によってマリオットボンヴォイ加盟ホテルの上級会員であるプラチナエリート会員になることもできますので、ホテルでのサービスもより特別感があるものになります。

また年間150万円以上のカード決済があれば翌年カード更新したときにはホテルの無料宿泊特典もついてくるという旅行を楽しみたい方には使える特典が多いクレジットカードとなります。

詳しくはこちらをごらんくださいね。

< 紹介プログラムで申込で入会キャンペーンで45,000ポイント>

マリオットボンヴォイ加盟のホテルに宿泊する方は、このカードを持っていると様々な特典を受けることができ非常にお得です。

主な特典としましては、マリオットボンヴォイの上級会員であるゴールドエリート会員になれ、下記のような特典を受けることができます。

  • カードの継続で次年度から毎年無料宿泊特典付き(年間150万円以上の利用)
  • 滞在ごとに25%のボーナスポイント
  • より望ましい客室へのアップグレード
  • 午後2時までのレイトチェックアウト
  • ウェルカムギフトをもらえる
  • 年間400万円以上の利用でプラチナエリート会員へ

などなど。詳しくはマリオット公式ページゴールドエリート会員を参照してみてください。

マリオットアメックスプレミアムは紹介経由でのお申込みが一番お得です!

WEBでの紹介orサポート万全の営業担当経由でのお申込みはこちらからどうぞ!

*返信メールにて紹介URLをお送りいたしますので、早く発行したいというかたはこちらからどうぞ。

 

テル
テル
マリオットアメックスプレミアムの発行は紹介制度での発行が最もお得なんです!公式サイト経由よりも6,000Pも多く獲得できます。

 

>>もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ

 

まとめ

リッツカールトン東京でのクラブラウンジの追加料金、体験レビューについてまとめてみましたがいかがでしたか?

53階のクラブラウンジで過ごす滞在はとても特別な時間でした。

滞在中の5回のフードプレゼンテーションでお腹も心も満腹ですが、この素敵な空間で東京の街並みや夜景を見ながら一緒に過ごす時間は何より心地よい時間でした。

大切な人との一日にぜひどうぞ。

マリオットアメックスプレミアムカードで貯まったマリオットのポイントでもこのクラブラウンジへのアクセスつきの「クラブフロア」に宿泊することが可能です。

リッツカールトンの他の宿泊記もまとめてみましたのでよかったらご一読ください。

リッツカールトン沖縄宿泊記レビューブログ!眺め最高ベイデラックス部屋や温浴スパ、屋内プールでリラックス滞在

 

ライター紹介 ライター一覧

テル

テル

2017年11月から本格的にマイルを貯めはじめました。この1年で貯まったマイルは67万マイルほど。独身時代には海外のひとつも行ったことがなかったのに、子ども3人を子育て中の私が毎年ハワイやバリ島、そしてアジアの国々を訪れることができたのは家族とマイルのおかげ。主婦でもできた飛行機に乗らずに「年間10万マイル貯める方法」を無料のメール講座でお伝えしています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

  • 富士マリオットホテル山中湖宿泊記!温泉付きエグゼクティブスイートルームにアップグレードが凄い!

  • イラフSUI宮古島の宿泊滞在記ブログレビュー!レストラン・プール・朝食・部屋の様子まで写真を多数紹介!

  • 品川プリンスホテルにプリンスポイントで無料で宿泊!!体験記ブログ

  • 【ザ・プリンス京都宝ヶ池オートグラフコレクション】ラウンジ(朝食)&会席料理&デラックススイートと贅沢すぎるステイレポート

  • パークフロントホテルは最高!!アップグレードしてでもUSJ側のお部屋をオススメ!!

  • 東京プリンスホテル クラブラウンジ レストラン朝食全てプリンスポイントを使い無料で宿泊しちゃいました!!