1. TOP
  2. ANAマイル
  3. .money(ドットマネー)からANAマイルへ移行・交換方法をまとめてみます!【図解入り】

.money(ドットマネー)からANAマイルへ移行・交換方法をまとめてみます!【図解入り】

 

2019年12月27日で終了する「ソラチカルート」に変わって、

登場した「TOKYUルート」ですが、

この「TOKYUルートに」欠かせなくなったポイントサイトが、

. money(ドットマネー)です。

この記事では、. money(ドットマネー)についてまとめ、

ANAマイルへの移行の方法、交換方法などを図解でまとめてみます。

 

.money(ドットマネー)の運営会社や会員数について

 

まずは、.money の公式HPから引用させていただきます。

 

当社が提供しているポイント交換サービス「ドットマネー by Ameba」は2017年3月現在、口座開設数1250万・ポイント流通額3.5億の規模をもつ、国内最大級のポイントプラットフォームになっております。

 

 

モッピーでも2019年現在、700万人の会員数の突破ですので、

実は、この.moneyは本当に会員数が多いですね。

ロゴを見てもわかるように、アメーバーブログ(アメブロ)の運営会社です。

今回の「ソラチカルート終了」に伴い、ますます会員数は増えていきそうです。

 

.money(ドットマネー)からANAマイルまでの交換方法は?

 

2019年6月から「ドットマネー」から東急グループによるポイント制度、

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:東急ANAカード)」

を使ってANAマイルと交換するルートができました。

 

これによって、一時期はANAマイルの交換ルートとしては、

ほとんど使われなくなった.money ですが、

再びANAマイルまでの中継ポイントサイトとして、

活躍していきそうです。

 

では実際の.money(ドットマネー)からANAマイルに交換するための

ルートを4つお伝えします。

 

TOKYUポイントへ交換後、ANAマイルへ移行する(交換率75%)

 

 

最小交換単位:300マネー

交換単位:1ポイント

交換レード:300マネー:300TOKYUポイント【等価

交換期間: 1日~15日申請分:申請月の下旬頃
16日~末日申請分:翌月の中旬頃

交換手数料:無料

交換限度額:100,000マネー/ 月

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを使った交換方法ですが、

75%の交換率でANAマイルに移行することができます。

.money(ドットマネー)のポイントをTOKYUポイントに交換し、

交換したTOKYUポイントを今度はANAマイルに交換します。

 

図で表すと下記のようになります。

 

 

 

 

またANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを持つメリット、

お得な入会方法などは、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード、マイルの貯め方、ポイント移行、還元率を解説!ソラチカルート閉鎖後対策に対応!!

 

Tポイントに交換後、ANAマイルへ移行する(交換率50%)

 

こちらの方法では、.money(ドットマネー)をTポイントに交換し、TポイントをANAマイルに交換します。

 

 

最小交換単位:1,000マネー

交換単位:1ポイント

交換レード:1,000マネー:1,000TOKYUポイント【等価

交換期間: 4営業日以内 (土日・祝日を除く)

交換手数料:無料

交換限度額:100,000マネー/ 月

 

TOKYUルートに比べると25%もANAマイルに移行できる、

割合が減ってしまうので、あまりオススメはできませんが、

 

・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの年会費を支払いたくない

・T ポイントをたくさん貯めているので、このルートがいいという方

 

など、シンプルにTポイントだけでマイルを貯めたいという方には、

オススメします。

 

ただし、

 

例えば10,000ポイントを貯めた場合に、

TOKYUポイントルートですと、

7,500ANAマイル貯まるところ、

 

Tポイントルートですと、

5,000ANAマイルになってしまいます。

 

せっかくポイ活をしていくのであれば、

やはりTOKYUルートのほうがオススメです。

 

 

楽天ポイントに交換後、ANAマイルへ移行する(交換率50%)

 

楽天ポイントを貯めている方は、こちらの方法でANAマイルに交換することが可能です。

 

 

最小交換単位:300マネー

交換単位:1ポイント

交換レード:300マネー:300TOKYUポイント【等価

交換期間: 3営業日以内 (土日・祝日を除く)

交換手数料:無料

交換限度額:100,000マネー/ 月

 

 

こちらもTポイントと同じく交換率は50%となりますので、

あまりオススメではないですが、

 

楽天ポイントだけを使いたいという方には、

いいかもしれません。

 

nanacoに交換後、ANAマイルへ移行する(交換率50%)

 

一番のオススメはやはり、TOKYUルートで75%の交換率で交換するルートですが、

普段からnanacoのポイントを貯めているので、

nanacoをANAマイルに交換したいという方は、

 

 

nanacoに交換後、ANAマイルへの交換をすることもできます。

 

 

最小交換単位:300マネー

交換単位:1ポイント

交換レード:300マネー:300TOKYUポイント【等価

交換期間: 4営業日以内 (土日・祝日を除く)

交換手数料:無料

交換限度額:100,000マネー/ 月

 

.money(ドットマネー)の新規登録に必要なものは?

 

.money(ドットマネー)の登録のためには、Amebaのアカウントが必要です。

Ambaのアカウントに登録するには、

 

・メールアドレス

・生年月日

・性別

 

が必要です。住所や電話番号は登録には必要ありませんので、

陸マイラーを目指している方は登録してみてくださいね。

 

>>.money(ドットマネー)の登録はこちらから

 

.money(ドットマネー)に直接交換できるポイントサイトは?

 

さて、それでは.money(ドットマネー)を使用する際に、

.money(ドットマネー)に直接交換できるポイントサイトは、

どのポイントサイトでしょうか?

 

主だったサイトをあげてみます。

 

*ポイントサイトごとにごとに1ポイントの価値が異なるため、

一見すると、ポイント数が異なりますが、

 

ほとんどのポイントサイトは手数料が無料で100%等価交換となっています。

 

 

ハピタスのみ300円相当のポイントから.money(ドットマネー)に交換できます。

その他のポイントサイトは500円相当のポイントから.money(ドットマネー)に交換できます。

ポイントインカムのみ1,000円相当のポイントからの交換となります。

 

この中からポイントサイトを選び、

.money(ドットマネー)に交換していきます。

 

ANAマイラー、JALマイラーにも人気のポイントサイトの「モッピー」での

ポイントの貯め方を解説してありますので、

参考にしてみてください。

 

モッピーとは?ポイントとマイルのお得な貯め方・使い方・交換まで徹底的に解説!

 

まとめ

.moneyに登録するには、Amebaのアカウントが必要。

・メールアドレス

・生年月日

・性別

>>.money(ドットマネー)の登録はこちらから

 

.moneyに交換できるポイントサイトは、

以下のサイト。

 

これから人気になるのは、下記のルート

はい、こんな感じでANAマイルを貯めることができるようになりますね!

 

ANAマイルを貯めていくと、どんなことができるの?

 

それでは、ここでANAマイルを貯めるとどのようなことが、

できるようになるのかをご紹介します。

 

例えば、海外旅行では誰もが訪れたいと思うハワイですが、

これも航空券無料で行くことができます。

(燃料サーチャージ、税金は別途かかります)

 

例えばハワイですと、普通に飛行機を予約すると、

ANAの見積もりを出してみました。

正規料金ですと、大人ひとりで185,000円かかってしまいます。

これがANAマイルを使うと、

 

     185,000円が無料

 

になってしまいます。そのために必要なマイル数は下の図を見てもらうとわかりますが、4万マイルです。(シーズンによって変動があります。)

 

 

ヨーロッパでも45,000マイル~60,000マイル貯めれば行けるようになります。

 

私自身、ANAマイルを貯めたことにより、

いろいろな経験をしてこれました。

 

マイルの使い方として参考にしてみてください。

 

家族で国内(北海道、沖縄、福岡)などの国内旅行に、

家族全員0円で行くことができたり、

 

家族旅行で沖縄・北海道・福岡へ!飛行機代・レンタカー代がタダの無料旅行を実現

 

ハワイでのんびりと夏休みを過ごしたり、

 

ハワイ旅行ホノルル・マウイ島へマイルで航空券が無料に7日間ののんびり夏休み

 

人生で初めてのビジネスクラスに乗ってみたり、

 

【韓国旅行 ブログ】ANAマイルで航空券ビジネスクラスの21万円が無料に!

 

ついには、夢のファーストクラスを母親にプレゼントし、

一緒に旅行することができました。

初のファーストクラスはタイ航空 A380 特典航空券のマイルで搭乗した体験記

ハワイまでマイルでファーストクラス【2019年最新】ANA A380 のチケットをとっちゃいました

 

私自身は、陸マイラーなのですが、

日々さまざまな方法でマイルを貯めることをしていったら、

たくさんのマイルを貯めることができました。

詳しくは、「無料のマイル講座」でお伝えしています。

 

どのようにANAマイルを貯めていったらいいのか?

またどのようにするとマイルが貯まるかなど、

1日5分で読んでわかるようになっていますので、

(もちろん無料です)

参考にしてみてください。

ライター紹介 ライター一覧

テル

テル

2017年11月から本格的にマイルを貯めはじめました。この1年で貯まったマイルは67万マイルほど。独身時代には海外のひとつも行ったことがなかったのに、子ども3人を子育て中の私が毎年ハワイやバリ島、そしてアジアの国々を訪れることができたのは家族とマイルのおかげ。主婦でもできた飛行機に乗らずに「年間10万マイル貯める方法」を無料のメール講座でお伝えしています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

  • 【ANAマイ友プログラム】紹介番号登録でANA入会ボーナスマイルを獲得!!最大5,500マイル!!

  • 東京プリンスホテル クラブラウンジ レストラン朝食全て無料で宿泊しちゃいました!!

  • フライングホヌ マイルで ファーストクラス、ハワイへ搭乗記。ANA A380はやっぱり極上だった!

  • iPhone 11 ポイ活で安く買う方法は?いくらまで割引できるか?!

  • シンガポールへの必要マイル数は?ANA国際線特典航空券を利用して。

  • ポイントサイトからANAマイルへおすすめは新LINEルート【2019年交換一覧保存版】